またも受賞!『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 - (C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

写真拡大

 芸能ジャーナリストたちによる団体「インターナショナル・プレス・アカデミー」が毎年発表しているサテライト・アワードが発表され、数々の賞を総なめしている映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が、ここでも作品賞を受賞した。

 監督賞は『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイターが受賞している。

 第19回サテライト・アワードの主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

■監督賞
リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』

■主演男優賞
マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

■主演女優賞
ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』

■助演男優賞
J・K・シモンズ 『セッション』

■助演女優賞
パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』

■脚色賞
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

■脚本賞
『ナイトクローラー(原題) / Nightcrawler』
ほか