サラ・ジェシカ・パーカーPhoto by FilmMagic/Getty Images

写真拡大

サラ・ジェシカ・パーカーが、1998年から2004年まで6シーズンにわたって放送された大ヒットシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」以来約10年ぶりに、同シリーズを放送した米HBOの番組に主演することになった。

米バラエティによれば、パーカーはこのほど、新作「Divorce(原題)」のパイロット版のプロデュースと主演を務めることで正式に合意。同作は、泥沼の離婚劇を描く30分枠のコメディシリーズとなる。

離婚を切り出す妻のフランシス役をパーカー、妻の申し出にあわてふためく夫のロバート役をトーマス・ヘイデン・チャーチが演じる。また、パーカーの女友だち役でモリー・シャノンとタリア・バルサムの出演が決定している。

■関連記事
映画「セックス・アンド・ザ・シティ3」製作へ? ジェニファー・ハドソンが明かす
「SATC」サラ・ジェシカ・パーカーが、テレビドラマにカムバック
サラ・ジェシカ・パーカー、マノロ・ブラニクと組んでシューズライン立ち上げ
ゴールデングローブ賞TV部門発表 昨年スタートの新ドラマ3本が各部門作品賞制す
エルトン・ジョン&米HBO、18世紀ウィーンの音楽学校が舞台のドラマ制作へ