ベン・スティラー

写真拡大

「LIFE!」で監督・主演・製作を手がけた人気コメディ俳優ベン・スティラーが、新ドラマ「スーパー・サッド・トゥルー・ラブ・ストーリー」の制作総指揮を務めることになったと、Deadlineが報じた。

同作は、ゲイリー・シュタインガートの同名小説をドラマ化するもので、SF映画「エリジウム」やテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 陰謀の階段」などを手がけているメディア・ライツ・キャピタルが制作。企画・制作総指揮は、原作者のシュタインガードと脚本家カール・ガイダシュク(「オブリビオン」)で、スティラーは制作総指揮に名を連ねるだけでなく、数話の演出を手がけることになるという。

現時点では、放送局は決まっていない。なお、「スーパー・サッド・トゥルー・ラブ・ストーリー」は、近未来のディストピアを舞台にした冴えない男性の恋愛模様を描く。

■関連記事
「ナイト ミュージアム」特別映像公開 ベン・スティラーが1人2役に挑戦!
父子のドラマにも注目 「ナイト ミュージアム」最終章、日本版予告編が公開
「ズーランダー2」にウィル・フェレルがカムバック
ベン・スティラー、男性ストリップクラブ「チッペンデールズ」描く新作に出演
「LIFE!」ベン・スティラー5年ぶりに来日、初対面の岡村隆史をスカウト