「ひつじのショーン」がオスカーノミネート作品とコラボ!(C)2015 Aardman Animations Limited and Studiocanal S.A.(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

写真拡大

2月23日に開催される87回アカデミー賞授賞式に先駆け、英アードマン・アニメーションズ製作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」の主人公ショーンが、作品賞にノミネートされた話題作とコラボレーションしたパロディポスターが公開された。

今回、コラボレーションが実現したのは、映画祭を席巻している「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「6才のボクが、大人になるまで。」の2作品。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、ヒーロー映画で一世を風びした老俳優の葛藤(かっとう)を描くダークファンタジー「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に対し、リチャード・リンクレイター監督作「6才のボクが、大人になるまで。」は、4人の俳優が12年間同じ役を演じたドラマで、オスカーの受賞結果に注目が集まっている。

パロディポスターは オリジナルのデザインを踏襲しながら、アードマンならではのゆるいユーモアがさく裂。トランポリンで飛び跳ね、マイケル・キートン演じる老俳優に似せる一方、芝生に寝転がりエラー・コルトレーン扮する少年と同じポーズをとるなど、ショーンが両作品の主人公になりきっている。

「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」は、「ウォレスとグルミット」の短編シリーズ第3弾「ウォレスとグルミット、危機一髪!」のスピンオフ作品で、シリーズ初の長編映画。ショーンが牧場主にいたずらをしかけたことから勃発する騒動を、ユーモアたっぷりに描く。7月4日から全国で公開。

■関連記事
「ひつじのショーン」初の長編映画、7月公開決定&新ビジュアルお披露目
アードマン「ひつじのショーン」初の長編映画、来夏公開決定!
アードマン「ひつじのショーン」映画版が撮影開始
アードマン「ひつじのショーン」が映画化 2015年公開へ
人気クレイアニメ「ひつじのショーン」が2度目のエミー賞受賞