舞台挨拶に立った未来穂香ら

写真拡大

女優の未来穂香が2月21日、主演映画「クレヴァニ、愛のトンネル」が封切られた東京・新宿K’s cinemaで、共演の小山田将、アイドルユニット「仮面女子」の川村虹花、岡村洋一、今関あきよし監督とともに初日舞台挨拶を行った。

2013〜14年のドラマ「イタズラなKiss Love in TOKYO」シリーズでヒロインを演じ、若手注目株の未来。同作は一昨年夏に撮影されたとあって、「初日を1年半前からずーっと楽しみにしていました。何かを感じていただけたら」と満面の笑みを浮かべた。

ウクライナ・クレヴァニ村にある、そこでキスをすれば永遠の愛が約束されるという緑のトンネルをモチーフにした純愛物語。「台本を読んで、えっ? ウクライナ?って思ったけれど、このトンネルのことは友達が『一生に一度は行ってみたい』と話していたので知っていました。素敵な場所が舞台の作品に出られるのでビックリしました」と振り返った。

一方、映画初出演の川村は、「ライブは毎日やっていて、皆をとりこにするぞって思うけれど、映画の現場は緊張しました。でも、役になり切れるように頑張りました」と笑顔。今関監督からは女優の才能を評価されたそうで、「ちょっとだけの出演だけれど、重要な役を頂けてうれしい。もっともっと女優さんのお仕事ができれば」とどん欲な姿勢を見せていた。

4年ぶりの新作公開となった今関監督も感慨深げな表情。「愛情を込めて最初から最後まで撮り切りました。いろいろな仕掛けをしているので、エンドロールの最後まで見てください」と訴えていた。

■関連記事
未来穂香、大量の虫と格闘した過酷な現場を明かす
ウクライナの幻想的な「愛のトンネル」が映画に 未来穂香主演で15年早春公開
未来穂香&青山美郷「思春期ごっこ」初日で強烈な信頼関係を見せつける
未来穂香&青山美郷、浴衣姿にファンうっとり
ドラマ「イタズラなKiss」続編の新キャストに堀井新太ら注目若手俳優