今後も映像作品には出演Photo by Eamonn McCormack/WireImage

写真拡大

映画「ハリー・ポッター」シリーズのアルバス・ダンブルドア役で知られる俳優マイケル・ガンボンが、演劇界からの引退を表明した。現在74歳のガンボンは、記憶力の低下によりセリフが覚えられなくなったと、引退の理由を説明している。

英サンデー・タイムズ誌のインタビューを受けたガンボンは、「認めたくないのだが、セリフを覚えていられないのだ」と明かし、「胸が張り裂けそうだ。目の前に台本を置かれたところで、いつまでたっても頭に入らない。恐ろしいことにね」と語った。

2009年には、セリフを忘れたストレスからパニックに見舞われ病院に運ばれたこともあったという。約半年前、イヤーピースを通して舞台袖のスタッフにセリフを伝えてもらうというやり方を試したがうまくいかず、約50年にわたる演劇界でのキャリアに幕を下ろすことを決めたようだ。記憶力の低下は加齢によるもので、病気の心配はないという。

舞台からは引退するガンボンだが、テレビドラマや映画で活動を続けるそうだ。今後の出演作品には、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが大人向けに執筆した長編小説「カジュアル・ベイカンシー」のドラマ版と、60〜70年代に英BBCで放送されたシットコムを映画化する「Dad's Army(原題)」がある。どちらも撮影は終了しており、現在ポストプロダクション中だ。

■関連記事
クエンティン・タランティーノ監督、あと2作品での引退を宣言
宮崎駿監督にアカデミー賞名誉賞
「ラブ・アクチュアリー」リチャード・カーティス監督が来日 引退作は「一番私的な作品」
J・K・ローリング「ハリー・ポッター」短編小説を発表へ
エマ・ワトソン、ディズニー実写版「美女と野獣」ヒロインに決定