息子と共にアマゾンで姿を消した実在のイギリスの冒険家を演じるチャーリー・ハナム
 - Jeffrey Mayer / WireImage / Getty Images

写真拡大

 ブラッド・ピット製作、デイヴィッド・グラン著のノンフィクション小説「ロスト・シティZ 探検史上、最大の謎を追え」の映画化作品に、映画『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナムが出演することになったとThe Hollywood Reporterなど複数のメディアが伝えた。

 本著は、アマゾンに存在するという謎の都市Zを追い、息子と共にアマゾンで姿を消した実在のイギリスの冒険家、パーシー・ハリソン・フォーセットを描いたもの。1925年以来二人の行方はわからず、捜索のため現地に赴いた者たちも命を落としている。

 ハナムが演じることになった、主役のフォーセット役は、当初ベネディクト・カンバーバッチに決まっていたが、映画『ドクター・ストレンジ(原題) / Doctor Strange』とのスケジュールが折り合わず出演を見送った経緯がある。

 『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソンの出演も決まっているが、具体的な役柄は明らかにされていない。監督・脚本は、『エヴァの告白』を手掛けたジェームズ・グレイ。

 『ロスト・シティ・オブ・Z(原題) / Lost City of Z』の撮影は今夏より開始予定。公開は2016年予定。(鯨岡孝子)