会見で再会を果たした「キッス」と「ももいろクローバーZ」

写真拡大

米ハードロックバンド「キッス」が、2月23日から始まるジャパンツアーのため来日し21日、都内で来日記念会見を行った。「夢の浮き世に咲いてみな」「SAMURAI SON」でコラボレーションした人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が駆けつけると、ジーン・シモンズは「いろいろなアーティストを見てきたけれど、ももクロほどファンを愛しているグループたちはいない。彼女たちは本当の意味でロックスターだ」と太鼓判を押していた。

ポール・スタンレーは、「初めてももクロのパフォーマンスを見たときから、その素晴らしさを感じている。彼女たちの振りや踊りからは芸者や相撲のようなものが感じられ、個性がすごくある」と称賛。シモンズは、異色の組み合わせが話題となっていることを受け「いろいろなコラボレーションをすることについて言われることもあるけれど、自分たちはやりたいと思うことをやっているだけ。ルールは自分たちで作れば良い。自分はキッスなんだ。ルールにとらわれている人がいたら、それはとてもオールドスタイルだよ」と独自の世界を公開してきたバンドならではの貫禄を見せつけた。

キッスは、デビュー40周年を記念したワールドツアーの一貫で、14年ぶりとなる東京ドーム公演を含め、2月23日から全国5カ所をめぐる来日公演を敢行する。ポール・スタンレーは「1年ちょっと前にも日本に来ているけれど、その時以上にビッグになって戻ってこられてうれしい。14年ぶりとなる東京ドームのコンサートもとても楽しみで、日本は大切な国」と再来日を喜び、「予算をかければどんなバンドも大がかりなショーができるけれど、キッスみたいなステージをできるのは自分たちだけ」と自信をのぞかせた。

今回、3月3日の東京公演のみ、ももクロのゲスト出演が決定している。メンバーの百田夏菜子は、「日本で1番熱いライブになると思います」とアピールし、「まさかキッスさんとコラボレーションさせていただけるなんて思わず、またこうして日本でお会いできることをうれしく思います。『夢の浮き世に咲いてみな』で、キッスのみなさんと世界中の笑顔をいただきに行けたら」と意欲をのぞかせた。

ももクロは、昨年キッスと初対面を果たしたそうで、会見中も和気あいあいとしたムードを見せた。百田は「大きさにびっくりしました。圧に負けそうになりながらも、私たちもグイグイ『お友だちになってください』といきました」と述懐。玉井詩織は、PV撮影時のエピソードを明かし「初恋の話をしたり、仲良くなりました」と笑顔をのぞかせた。

キッスのジャパンツアーは、2月23日に愛知・名古屋の日本ガイシホール、25日に大阪・大阪城ホール、26日に広島・広島サンプラザホール、28日に宮城・仙台のセキスイハイムスーパーアリーナ、3月3日に東京・後楽園の東京ドームで開催。

■関連記事
ももクロ「幕が上がる」上映&ライブに高松が熱狂!ファン2000人結集
ももクロ、大林宣彦監督の「幕が上がる」絶賛メッセージに感激しきり
ももクロ、劇場版「ドラゴンボール」ゲスト声優に決定! 地獄の天使に
ももクロ「幕が上がる」上映全127劇場で舞台挨拶決定!総移動距離は5万キロ
早見あかり、20歳の誕生日に初の写真集