シシド・カフカがゾンビと異色コラボ!/[c]2015「Zアイランド」製作委員会

写真拡大

ガールズカルチャーが集結した体感・体験型エキスポ「日本女子博覧会-JAPAN GIRLS EXPO 2015 春-」が2月21日に大阪で開催され、映画『Zアイランド』(5月16日公開)と本作に出演しているシシド・カフカとのコラボステージが披露された。

【写真を見る】ゾンビとパフォーマンス中のシシド/[c]2015「Zアイランド」製作委員会

MCを交えながら計5曲を熱唱したシシド。5曲目を歌う前に、「去年は、アーティスト以外のことにたくさん挑戦した1年で、特にドラマ出演は個人的にとても大きなチャレンジだった」と2014年を振り返り、今年のチャレンジとして『Zアイランド』に出演していることを切り出した。

映画の特報映像を観客とともに見た後、「ゾンビとかがちょっと苦手な人も笑えて楽しめる映画なのでぜひ見てください!」とアピール。そのまま5曲目に突入すると、途中からステージにゾンビたちが登場!

ドラムをたたくシシドのまわりをゾンビたちが盛り上げ、踊りだすゾンビも。その中にはゾンビに変身してまぎれていた、よしもと新喜劇所属の酒井藍の姿も。観客から手を振られた酒井は、ゾンビに変身中にもかかわらずニコニコ手を振り返していた。

シシドとゾンビとのコラボレーションライブが終わると、MCとしてライセンスが登場。「健康的すぎる!」と酒井藍をいじり、さらには「トークになったら一斉にゾンビの子ら気ぃ抜いてるやん!!」とパフォーマンスが終わって立ち尽くすゾンビに喝を入れた。

ゾンビたちとのコラボについてシシドは、「めったに自分のステージに他の方がいらっしゃることがないので、共演者と一緒に自分の楽曲をお客様に楽しんでもらえるのは新しいこと。新鮮な気持ちで、何より嬉しかったです!」と喜んだ。

また、ゾンビ役のオファーが来たことについては、「未知なのでとにかく思い切りやるしかないと思って全力でやりました。品川さんも全力でぶつかてきてくれるので、全力で返しました」とコメント。

見どころを聞かれると、「品川さんらしく笑いもあり、でも一人ひとりのストーリーがとても素敵で涙もありのゾンビ映画なので、ちょっとゾンビが苦手という方も、勇気を出して見に行っていただければ。絶対に楽しめる映画です!」と熱く語った。【Movie Walker】