「マッサン」で注目されたシャーロット・ケイト・フォックスPHOTO BY JUNJI ISHIGURO

写真拡大

NHK連続テレビ小説「マッサン」で、ウイスキーづくりに人生を捧げる夫のもとにスコットランドから嫁いできた妻エリー役を好演、人気を集めているシャーロット・ケイト・フォックスが、ブロードウェイの人気ミュージカル「シカゴ」に主演することが決まった。2015年10月からロングラン中のブロードウェイ・アンバサダー劇場で公演を行い、12月にはアメリカ人キャストとともに来日公演をすることも決定した。

フォックスは、アメリカ・ニューメキシコ州生まれの29歳。もともと女優としてダンスや歌の訓練を積んで舞台を中心に活動しており、「シカゴ」に出演した経験もあるという。アメリカのオーディション雑誌でNHKのヒロイン募集記事を見つけて応募し、初の外国人ヒロインの座を射止めた。そして昨秋、ドラマの撮影と並行して「シカゴ」のオーディション用ビデオを日本で撮影。さらに、これを見たクリエイティブチームが来日してオーディションを行い、正式なオファーを受けることに。フォックスにとってはこれがブロードウェイデビューとなる。

フォックスが演じるのは、1920年代のシカゴで、愛人殺しを犯して刑務所に入れられるロキシー・ハート役。したたかで狡猾な悪女だが、なぜか憎めないというセクシーなキャラクターだ。「マッサン」のエリーとは正反対の役を演じるにあたり、フォックスは「日本のみなさんが親しんでくださった、シャーロット・ケイト・フォックスとはまた違う私の一面を見ていただけると思います」とコメンを寄せる。さらに「『マッサン』でエリーを演じさせていただいたことをはじめ、自分の経験のすべてをロキシー役に注ぎ込むつもりです。『シカゴ』をご覧になった方の心に何らかの刺激を残し、それがみなさんの生きるエネルギーになれば嬉しいです。劇場でみなさんと、いろいろなものを共有できることを楽しみにしています」と意欲を語った。

■関連記事
玉山鉄二、朝ドラ「マッサン」主演で10年越しの夢実現!ヒロインは初の外国人
中島みゆき、朝ドラ主題歌「麦の唄」10・29
“ブロードウェイ女優”米倉涼子、「シカゴ」日本凱旋が決定!
新・朝ドラヒロインの土屋太鳳、結婚願望明かす?「結婚して料理うまくなりたい」
ショービズドラマ「SMASH」内ミュージカル、一晩限りのブロードウェイ公演へ