2014年度邦画No.1ヒット作が再びスクリーンに!(C)2013「永遠の0」製作委員会

写真拡大

2014年度邦画No.1ヒット作「永遠の0」が、第38回日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演男優賞を含む11部門の優秀賞を受賞した記念として、全国14劇場で凱旋上映されることが決定した。

山崎貴監督&岡田准一主演で百田尚樹の同名ベストセラー小説を映画化した本作は、13年12月に公開され、実写邦画作品としては初となる8週連続観客動員数第1位、興行収入は87.6億円突破という大ヒットを記録した。今回の日本アカデミー賞では、山崎監督が優秀監督賞のほか林民夫とともに優秀脚本賞を受賞しており、岡田が優秀主演男優賞、三浦春馬が優秀助演男優賞に輝いている。

凱旋上映の実施期間と劇場は以下の通り。

2月21日〜3月6日:兵庫・MOVIXあまがさき、姫路OS
2月28日〜3月6日:東京・目黒シネマ、愛知・TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、ユナイテッドシネマ豊橋18、TOHOシネマズ岐阜、大阪・TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズくずはモール、京都・TOHOシネマズ二条、滋賀・彦根ビバシティシネマ、広島・広島バルト11
2月28日〜3月13日:東京・品川プリンスシネマ、シネマメディアージュ、静岡・MOVIX清水

第38回日本アカデミー賞授賞式は、2月27日に東京・グランドプリンスホテル新高輪の国際館パミールで行われ、各部門の最優秀賞受賞者が発表される。

■関連記事
2014年邦画ベスト10、山崎貴監督2作品で171億円!
第38回日本アカデミー賞「ふしぎな岬の物語」が最多13部門受賞
「永遠の0」興収85.6億突破で「ROOKIES」超え!邦画歴代興収6位に
井上真央「永遠の0」興収80億目前に「すごい」 ムロツヨシには強烈ツッコミ
「永遠の0」伊ウディネ映画祭で観客賞!「テルマエ・ロマエII」も2作連続戴冠