受賞した『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
 - (C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

写真拡大

 映画やテレビにおけるサウンド・ミキシング技術を表彰する第51回シネマ・オーディオ協会(CAS)賞が発表され、映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が実写部門で最優秀賞を受賞し、アニメ部門では『ベイマックス』が選ばれた。

 授賞式では、『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイター監督にフィルムメーカー・アワードが贈られたという。

 テレビ部門では、「SHERLOCK(シャーロック)」第3シーズン第3エピソード「最後の誓い」がテレビ映画/ミニシリーズで最優秀賞を受賞。「ゲーム・オブ・スローンズ」第4シーズン第10エピソード「世継ぎたち」が1時間ドラマで、「モダン・ファミリー」第5シーズン第20エピソード「オーストラリアで大惨事」が30分ドラマで最優秀賞を獲得している。(澤田理沙)