無修正写真リークしてしまったシンディ・クロフォード/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

映像技術が発達したことで、美しい写真や映像が楽しめる一方、シワやシミも顕著に見えてしまうことが、特に年齢を重ねた女性たちの大きな悩みの種となっている。

【写真を見る】加工前の写真に対し様々な意見が寄せられた/写真:SPLASH/アフロ

1歳児のジョージ王子のフォトショップ加工まで行われる昨今では、過剰なフォトショップ加工が問題視されているが、そんななか、20日に49歳の誕生日を迎えた元スーパーモデルのシンディ・クロフォードの無修正前の写真がリークし、物議をかもしている。

この写真は、メキシコ・中南米版のマリ・クレール誌2013年12月号の表紙用に撮影されたもので、シンディは帽子をかぶり、黒い下着にコートを羽織ってのけ反っているが、日焼けした肌はシミだらけ、首はシワだらけ。痩せてはいるが腹部の皮膚のたるみと大きな2本の横シワ、そして黒ずんだ太腿は、決して美しいとは言い難い。

この写真を、英テレビ局のアナウンサーが友人の投稿で見かけ、「リアルでアイコニックなシンディのリアルな姿」と好意的な視点から投稿サイトのツイッターで共有したが、ある種衝撃的な写真だっただけに、同写真がネット上に広がり、ツイッターが飛び交った。

これについて米国版のマリ・クレールは、写真流出への関与は否定しているものの、クロフォードの姿はリアルで誠実で美しいと称賛し、「クロフォードが美しいことはずっとわかっていましたが、このような彼女を見るとますます大好きになります。ユーザーからも称賛の声が上がっています」とコメント。

また南アフリカ版のマリ・クレールも「女性の美のあかしだ」と同写真を絶賛している。また一部女性からは、「私たちと同じなのね」「等身大の彼女に共感できる」「写真を加工して美しくし過ぎても、リアリティがない」などといった肯定的な意見もあるようだ。

しかし一方では、「スーパーモデルで、美を売りにする雑誌で、一般人と同じでは意味がない」「ある程度は修正していると思ったけれど、ここまで元がひどいと雑誌を買う気が失せる」「一般人にはできないけれど、お金と努力で美しくなれると思っていたので、がっかりした」という厳しい意見も多い。

「等身大とはいえ、年相応の美しい肌とは言い難く、また美を売り物にするモデルとして、雑誌に載せることは到底難しい。イメージダウンは避けられないだろう。シンディはかなりショックを受けているはずだ」と関係者はナショナル・エンクワイラー紙に語っている。すでに写真がサイトから削除されており、事の重大さを物語っている。【NY在住/JUNKO】