『ストロボ・エッジ』での可愛らしい制服姿/[c]2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会[c]咲坂伊緒/集英社

写真拡大

ドラマ「あまちゃん」や「失恋ショコラティエ」などで人気を確かなものにした有村架純。現在も『ストロボ・エッジ』(3月14日公開)と『映画 ビリギャル』(5月1日公開)が待機中だが、この2作品では清楚系と金髪ギャルというタイプの違う女子高生役に。これまで得意としてきた清純派ではフレッシュな雰囲気を漂わせ、その逆をいく金髪ギャル姿は派手な印象。そのギャップにまたまたハマってしまいそうだ。

【写真を見る】『映画 ビリギャル』の金髪ギャル姿は新鮮!/[c]2015映画「ビリギャル」製作委員会

咲坂伊緒のコミックを実写化し、高校生たちの切ない片想いの行方を描いた学園ラブストーリー『ストロボ・エッジ』。有村が演じているのは、素直で何事にも一生懸命な高校生の木下仁菜子。

福士蒼汰演じる一ノ瀬蓮に初めての恋をし、報われないとわかっていながらも、一途に想うピュアな女の子だ。蓮の気持ちを巡り、一喜一憂する仁菜子を瑞々しく演じる有村には、キュンとさせられてしまう。また、四季を通してチェンジする制服姿も実に可愛らしい!

一方『映画 ビリギャル』は、学年ビリのギャルがたった1年で慶應大学に現役合格した実話をつづり、ベストセラーとなった書籍を映画化した青春ストーリー。こちらで有村は、金髪ゆる巻きヘアー、スカート丈も短めのギャル・さやかに扮する。

その変貌ぶりに有村ファンには衝撃的だが、ギャルになりきっているところがさすが。また偏差値30の落ちこぼれ状態から這い上がる、強い意志が漲った大人の女性へと成長していく姿には、多くの人が魅了されること間違いなし!

清楚で片想いを貫く高校生と、成長して大逆転を起こす金髪ギャル高校生。あなたはどちらの有村架純がタイプ?その変貌を劇場でしっかり見比べてみよう!【トライワークス】