ジェイミー・アレクサンダー

写真拡大

『マイティ・ソー』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』で、アスガルドの女戦士レディ・シフを演じたジェイミー・アレクサンダー。その彼女が、米NBCの新作ドラマで主演を務めることになった。The Hollywood Reporterなどが報じた。

【関連記事】『マイティー・ソー/ダーク・ワールド』ロサンゼルスプレミアに潜入!

『Blindspot』と題された本作は、記憶を失った女"ジェーン・ドウ(身元不明の女性を指す呼称)"をめぐるスリラードラマ。ニューヨーク市タイムズスクエアのど真ん中で、ダッフルバッグから姿を現したジェーンは、全身にタトゥーが彫られ、過去の記憶を消されていた。FBIがジェーンの素性を調べるなか、彼女のタトゥーから巨大な陰謀が浮上する...というストーリー。

『ARROW/アロー』のグレッグ・バーランティが率いるバーランティ・プロダクションズのもとで、『スターゲイト:アトランティス』に参加したマーティン・ゲーロが、脚本・製作総指揮を担当する。

このところ、新作ドラマの主演オファーが舞い込んでいたというジェイミー。映画『Broken Vows(原題)』の撮影を終え、米HBOのコメディ『The Brink(原題)』に出演する予定が決まっているほか、『エージェント・オブ・シールド』で、レディ・シフ役として再度のゲスト出演もするなど、多忙なスケジュールをこなしているところだ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D.』に『マイティ・ソー』の女戦士が登場!『マイティ・ソー』出演女優、"性"を題材とする米HBOの新作ドラマにエイドリアンヌ・パリッキ、『エージェント・オブ・シールド』でレギュラー出演に昇格