「Better Call Saul」の一場面写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

米テレビドラマ史に残る傑作ドラマとして名高い「ブレイキング・バッド」のスピンオフ番組「Better Call Saul」が高視聴率でスタートしたと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

同ドラマは「ブレイキング・バッド」に登場する犯罪弁護士ソウル・グッドマンを主人公にしたプリクエル(前日譚)で、主人公を演じるボブ・オーデンカークら「ブレイキング・バッド」のキャスト、スタッフの多くが関わっている。批評も上々で、米AMCで2月9の初回放送は全米690万人が視聴。ケーブル局の初回放送として新記録を樹立した。

また同日にAMCの大ヒットドラマ「ウォーキング・デッド」も放送を再開し、視聴者数1560万人と相変わらず高い人気を維持している。

■関連記事
「ブレイキング・バッド」アーロン・ポール、不謹慎なメッセージアプリをリリース!
多角的な調査で世界のドラマ事情が明らかに!第3次海外ドラマブーム到来
アーロン・ポールが明かす「ブレイキング・バッド」禁断症状へのアドバイス
「ブレイキング・バッド」のスピンオフドラマ、時代設定が明らかに
アーロン・テイラー=ジョンソン「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」に出演