監督デビューを果たすユアン・マクレガー写真:Startraks/アフロ

写真拡大

人気俳優ユアン・マクレガーが、主演映画「American Pastoral」で監督デビューを果たすことになったとDeadlineが報じた。

同作は、アメリカの文豪フィリップ・ロスがピュリッツァー賞を受賞した同名小説の映画化で、マクレガーほか、ジェニファー・コネリー、ダコタ・ファニングの出演が決まっている。「リンカーン弁護士」のジョン・ロマーノが脚色した脚本を、「ソルト」のフィリップ・ノイスが監督することになっていたものの、最近になって降板したため、マクレガーが監督として立候補したという。

物語は、高校時代に校内の憧れのスポーツ選手(マクレガー)で、その後、校内一の美女(コネリー)と結婚した主人公が、反抗的な娘(ファニング)によって人生を台なしにされるという物語。米ペンシルバニア州ピッツバーグで9月にクランクイン予定。

■関連記事
ユアン・マクレガー主演でフィリップ・ロスのピュリッツァー賞受賞作を映画化
ユアン・マクレガー、ブロードウェイデビュー
ダニー・ボイル監督、「トレインスポッティング」続編は2016年に撮影
ダコタ・ファニング、フィリップ・ロス原作映画化でユアン・マクレガーの娘役に
ユアン・マクレガーが初の悪役 「ガンズ&ゴールド」日本最速公開決定