リドリー・スコット監督

写真拡大

フィリップ・K・ディックのSF小説「高い城の男」を原作とする、リドリー・スコット製作総指揮の新作ドラマ『The Man in the High Castle(原題)』。そのシリーズ製作に米Amazonがゴーサインを与えた。The Hollywood Reporterなどが報じた。

【関連コラム】映画監督たちが続々とテレビ界へ進出――テレビは新しい"映画"になるのか?

本作は、1962年に発表された小説「高い城の男」を原作に、第二次世界大戦でナチス・ドイツと日本が勝利した世界を舞台とする"歴史改変SF"。終戦から20年後、両国に支配されたアメリカに暮らす人々を描いている。

出演は、アレクサ・ダヴァロス(『タイタンの戦い』)、ルーク・クラインタンク(『プリティ・リトル・ライアーズ』)、ルパート・エヴァンス(『ジェームズ・ボンドを夢見た男』)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(『47RONIN』)ほか。脚本を『Xファイル』のフランク・スポトニッツが担当し、スコットとともに製作総指揮にも名を連ねている。

パイロットエピソードは先月、米Amazon Primeの会員向けに配信され、同サービスにおいて最もよく視聴されたパイロットエピソードとなった。

このほか、英国作品のリメイクで、『ザ・シールド ルール無用の警察バッジ』のショーン・ライアンが手がけるダークコメディ『Mad Dogs(原題)』や、ドキュメンタリー・シリーズ『The New Yorker Presents(原題)』、キッズ向けの『Just Add Magic(原題)』と『The Stinky & Dirty Show(原題)』のシリーズ製作が決定。コメディ作品『Mozart in the Jungle(原題)』のシーズン2製作も決まった。

シリーズ製作が決まった作品のエピソード配信は、米Amazon Primeにおいて、年内から2016年にかけて行われるということだ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『プリティ・リトル・ライアーズ』シーズン5、「ワーナー海外ドラマエクスプレス」にて配信開始!火星が舞台のマット・デイモン主演映画、監督はリドリー・スコット?『プリティ・リトル・ライアーズ』に『BONES』のルーク・クラインタンクが出演!