■破天荒でドラマチックな競走生活

 去る2月5日、香港ヴァーズの勝ち馬(2001年)で、種牡馬としても大成功を収めていたステイゴールドが21歳で亡くなった。現役の人気種牡馬の突然の死は、競馬ファンや関係者に大きな衝撃を与えた。

 ステイゴールドは現役時代から破天荒な馬だった。デビュー3戦目には逸走(※)して騎手を振り落とし、競走中止となるヤンチャぶりを見せ、3歳5月の初勝利まで6戦を要した。秋には菊花賞に駒を進め、翌年からGI戦線で好走(2着4回、3着2回)を繰り返したが、重賞初勝利は6歳春のGII目黒記念という遅咲きだった。その際、スタンドに戻ってきたときの拍手や歓声がGIレース級だったというのは語り草で、ファンの多い馬だった。
※走路を大きく外れて、走ってしまうこと

 そして、海外に遠征すると無類の強さを発揮した。GIIドバイシーマクラシック(ナドアルシバ・芝2400m)では前年のワールドチャンピオン・ファンタスティックライトを破り、現役最終戦のGI香港ヴァーズ(シャティン・芝2400m)では最後の直線で絶望的とも思えた差を見事に逆転する驚異的な末脚で差し切り、ラストランで初のGI制覇。それも、日本調教の日本産馬として初めての海外GI勝利という歴史的かつ劇的な勝利で飾ったのである。通賛成績は50戦7勝[7−12−8−23]だった。

■予想を覆(くつがえ)す種牡馬としての大成功

 2002年から種牡馬入り。当時は歴史的大種牡馬である父サンデーサイレンスが絶対的な存在(その年の8月に死亡)で、さらに同じ年の新種牡馬には無敗の皐月賞馬で、後のリーディングサイアー・アグネスタキオンがいた。繋養場所も、社台グループ(白老ファーム)の生産馬ながら、日本の有力種牡馬が集結する社台スタリオンステーションではなく、門別のブリーダーズスタリオンステーション。必ずしも期待は大きくなく、サンデーサイレンス産駒の国際GI馬としては、決して恵まれていない不利な環境の中、種牡馬生活をスタートしたのだ。

 種牡馬の成功の条件として、"仕上がりの早さ"や"雄大な馬体"などに重きを置く生産者は多く、遅咲きで約430kgの小柄な馬体も、軽視された要因かもしれない。

 しかし、そんな状況の中、産駒は次々と活躍を見せた。2年目の産駒ドリームジャーニーが朝日杯フューチュリティSで産駒のGI初制覇を飾り、5歳時にも宝塚記念と有馬記念を勝利。

 ナカヤマフェスタは宝塚記念を制し、凱旋門賞ではワークフォースからアタマ差の2着に激走し、日本調教馬で凱旋門賞に最も近づいた馬となった。そして、三冠馬オルフェーヴルの登場。デビュー戦のレース後に鞍上の池添謙一騎手を振り落とし、4歳時の阪神大賞典でも競走中止寸前の逸走を見せるなど、父譲りの気性の激しさを受け継いだ同馬は、クラシック三冠を含むGI6勝。凱旋門賞では2度、2着に入った。

 中でも、2012年の凱旋門賞は誰もが圧勝を予感するような勢いで先頭に立ちながら、ゴール寸前で内にモタれ、ソレミアのクビ差2着に敗れるという走りで、世界のホースマンに"負けて強し"と強烈なインパクトを残した。その後も、ゴールドシップ、フェノーメノ、レッドリヴェールがGIホースとなり、2014年まで6年連続でJRAGI勝利を収めている。

  JRAの年間サイアー(種牡馬)ランキングは2012年の3位が最高で、その点では現在4年連続リーディングのディープインパクトに比べると劣るが、牡馬の三冠馬オルフェーヴルを始め、後継種牡馬を次々と出しているのが評価できる点だ。

 種牡馬には、コンスタントに産駒が走る安定性も求められるが、有力な後継種牡馬を残して"血を残す"ということも大きな使命。1982年から1992年まで11年連続JRAリーディングサイアーに輝いたノーザンテーストですら、絶対的な後継種牡馬は残せず、その父系は現在、継続困難な状態になっている。種牡馬にはある意味、"1頭の超大物牡馬"を残せば成功、という側面もあるのだ。

 ステイゴールドは"超大物牡馬"オルフェーヴルを残した。2014年から種牡馬入りしたオルフェーヴルの種付相手を見てみると、ビワハイジ(最優秀2歳牝馬、ブエナビスタやジョワドヴィーヴルの母)、スイープトウショウ(宝塚記念などGI3勝)、キストゥヘヴン(桜花賞)、ブラックエンブレム(秋華賞)、エアトゥーレ(皐月賞馬キャプテントゥーレの母)、レーヴドスカー(最優秀2歳牝馬レーヴディソールの母)、ディラローシェ(春の天皇賞馬フェノーメノの母)、コートアウト(安田記念勝ち馬ストロングリターンの母)、ニキーヤ(フェブラリーS勝ち馬ゴールドアリュールの母)など、JRAGI馬とその母が目白押し。その他にも多くの海外GI牝馬に種付けを行なっており、生産者の期待の大きさがわかる。ディープインパクトも既に後継種牡馬を送っているが、今のところ、これほどの繁殖牝馬を集められる馬はいない(今後出してくる可能性は大)し、"血を残す"という点では一歩リードしていると言って良いだろう。

 また、種牡馬としてのステイゴールドを語るにあたって欠かせないのが"史上最強ステイヤー"の異名を持つメジロマックイーン(1991〜92年の天皇賞・春連覇などGI4勝)との相性だ。オルフェーヴル、ドリームジャーニーの全兄弟に加えGI5勝のゴールドシップ、GII勝ちのフェイトフルウォーと、数少ないメジロマックイーン牝馬との間から、現在までに4頭の重賞勝ち馬を送り出しており、種牡馬としては期待に応えられなかったメジロマックイーンの血を蘇(よみがえ)らせて、オールドファンを喜ばせている。

■夢の続きは、将来性豊かな産駒が引き継いで

 ステイゴールドには現在、3頭の後継種牡馬が存在しており、今年、ドリームジャーニーとナカヤマフェスタの初年度産駒、つまり、直系では初めての孫(母の父としては重賞勝ち馬クリスマスなどがいる)がデビューする。いずれ、ゴールドシップやフェノーメノも種牡馬入りするだろう。後継種牡馬としては、絶対的能力の高さから多くの名牝を集めているオルフェーヴルに対する期待が大きいだろうが、欧州で大発展しているデインヒルを母系に持つナカヤマフェスタとフェノーメノにも世界に通用するポテンシャルを感じさせる。オルフェーヴルに限らず、この2頭の産駒たちも世界に羽ばたいていって欲しいものである。

 ステイゴールドにはまだまだ長生きして、個性的な馬を出し続けて欲しかったが、父譲りの愛されキャラでもあるオルフェーヴルをはじめ、楽しみな後継種牡馬が残っている。現役時代からファンに愛され、種牡馬としても頼もしい息子=跡継ぎを残したこの一生は、サラブレッドとしては幸せなものだったのではないだろうか。その血は残り続け、我々はその想いを産駒や子孫たちに託すことができる。好きな馬の血統を追い続けて応援するというのも、競馬の醍醐味の一つである。ステイゴールドを思い出させるような、個性的で魅力的なスターホースが、また現れることを期待して、これからも競馬を見ていきたい。

平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki