元ポルトガル代表フィーゴ氏ら4氏が、FIFA会長選の立候補者に承認される

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、FIFA会長選挙の立候補者4名全員が正式な立候補者として承認されたことを発表した。FIFA会長選の立候補は1月29日で締め切られ、倫理委員会の調査部門が立候補資格を調査していた。

 立候補している4氏は、5戦を狙うゼップ・ブラッター会長(スイス)、現FIFA副会長のアリ・フセイン王子(ヨルダン)、元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ(ポルトガル)、オランダサッカー協会のミハエル・ファンプラーグ会長の4氏となっている。会長選挙は、5月に行われる。