ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 東京開催2週目に行なわれる重賞は、東京新聞杯(2月8日/芝1600m)です。

 昨年の東京新聞杯(2014年2月17日)は、大雪に見舞われて1週間後に順延して開催されました。その際、特に苦難を強いられたのは、関西馬でした。本来行なわれる日程に合わせて東京までの長距離輸送をこなしながら、開催中止によって、レースをせずに栗東トレセン(滋賀県)に戻ることになりました。それから一週間後、再度東京への長距離輸送を経てレースに出走することになったのですから、馬にかかった負担は計り知れません。

 しかし、そんな逆境にあっても、2着に好走した関西馬がいました。エキストラエンド(牡6歳)です。同馬は2度の長距離輸送をこなしながらも、ゴール前で差し返すほどの勝負根性を見せました。その前のレース、京都金杯(2014年1月5日/京都・芝1600m)で重賞初制覇を飾ったあとで、状態自体がすごくよかったのでしょうね。

 そのエキストラエンドが今年も出走します。臨戦過程も昨年同様、京都金杯(1月4日)からの参戦。結果は2着でしたが、勝ったウインフルブルーム(牡4歳)に際どく迫る内容で、昨年と遜色ない出来にあると思います。鞍上も、昨年と同じクリスチャン・デムーロ騎手。昨年2着の雪辱を晴らすことができるのか、注目ですね。

 ちなみに、昨年の勝ち馬ホエールキャプチャ(牝7歳)は関東馬で、開催中止の週は美浦トレセン(茨城県)から出発することなく、俗に言う「空輸送(からゆそう/レースをしないで帰ること)」もせずに済んだようです。それが、大きなアドバンテージになったかもしれませんね。

 逆に、同じ関東馬でもレース3日前に東京競馬場への輸送を終えていた馬もいました。サトノギャラント(牡6歳)です。同馬は結局、レースをせずに美浦トレセンに帰ることになり、翌週のレースで再び東京競馬場までの輸送を強いられました。そうした負担が影響したかわかりませんが、レースでは5着に終わってしまいました。

 そんなサトノギャラントも、今年のレースに参戦。昨年の雪辱に燃えていることでしょう。

 スタートがあまりうまくない同馬は、後方からの競馬になることが多くなりがちです。その点、スタートしてからしばらく直線が続き、最後の直線も長い東京のマイル戦はベストな条件と言えるでしょう。ベストパフォーマンスの走りを見せたのも、同舞台で行なわれた一昨年のキャピタルS(2013年11月23日/東京・芝1600m)だったと思います。以来、勝ち星から遠ざかっていますが、得意の舞台でこれまでの鬱憤を晴らしてほしいものです。

 さて、このレースの「ヒモ穴」には、ヴァンセンヌ(牡6歳)を取り上げたいと思います。

 3歳の4月という、通常よりもかなり遅くにデビューしたヴァンセンヌ。その初陣は未勝利戦(2012年4月15日/阪神・芝1800m)で、相手は既走馬ばかりでした。それでも、見事に快勝。この時点で、同馬のポテンシャルの高さはうかがい知れました。というのも、初の競馬で既走馬相手に勝つということは、その時点で相当な能力がなければできない芸当だからです。

 新馬戦を走った馬は、その経験から2戦目には時計ふたつ(2秒)は詰めると、よく言われます。つまり、未出走の馬が既走馬を相手にするには、そもそも時計ふたつ以上の能力を持っていなければ勝てないという計算が成り立ち、ヴァンセンヌはそれだけ高い能力を秘めていたことになります。

 さらにヴァンセンヌは、2戦目で重賞の京都新聞杯(2012年5月5日/京都・芝2200m)に挑戦しました。もしそこで勝てば、日本ダービー出走という夢にもつながります。要はそれだけ、陣営が可能性を秘めた馬だと評価していたわけです。結果的には惨敗してしまいましたが、そうした陣営の期待の大きさを考えると、将来性はその当時から十分に感じられました。

 ただ、その後は順調な道を歩むことはできませんでした。4歳春には屈腱炎(くっけんえん/競走馬にとって「不治の病」と呼ばれる脚部の病気)を発症。19カ月もの長期休養を余儀なくされました。が、復帰を果たしたヴァンセンヌは強烈でした。

 およそ1年半ぶりに挑んだ実戦で2着と好走すると、以降、500万下、1000万下、準オープンと3連勝。一気にオープンまで駆け上がってきました。デビュー当時に期待された能力と素質が、ついに開花したと言えるのではないでしょうか。

 3連勝のうち、この馬の最高の走りを見せたのは、2走前の2014エクセレントジョッキーズT(2014年11月29日/東京・芝1600m)だったように思います。そう、東京・芝のマイル戦です。サトノギャラント同様、今回の舞台はベストな条件と言えるでしょう。

 母親フラワーパーク(高松宮杯、スプリンターズSとスプリント戦のGI2勝)の性格を受け継いでいるのか、ヴァンセンヌはスピードの勝ったタイプで折り合いが課題となります。折り合いさえつけば、最後は弾けるような末脚を繰り出します。それを見せつけたのが、まさに2走前でした。

 そういう意味では今回、クラスが上がって道中のペースも上がるため、同馬にとっては、競馬がしやすくなると思います。連勝中とはいえ、昇級であることが不安視され、意外と人気の盲点になりそうですから、穴を狙うには面白い存在と言えるのではないでしょうか。

大西直宏●解説 analysis by Ohnishi Naohiro