「ひなぎく」の一場面(C)State Cinematography Fund

写真拡大

チェコの1960年代ヌーベルバーグの傑作「ひなぎく」がHDリマスター版として初ブルーレイ化され、3月12日に発売される。昨年死去したベラ・ヒティロバ監督の命日に合わせてのリリースで、追悼企画として3月7日からは東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムでアンコール上映が行われる。

66年にチェコスロバキアで製作された同作は、奔放な姉妹が繰り広げる大騒ぎを、色ズレやカラーリング、実験的な光学処理、斬新な効果音など冒険心に満ちあふれた手法で描き出し、当時のチェコ独特の社会や政治を風刺する。ポップなガールズムービーとして、アートやファッション界に影響を与え、今なお根強い人気を誇る。

「ひなぎく」ブルーレイはシナリオ全訳ブックレット付きで4700円、新装版DVD3800円(共に税別)で3月12日発売。アンコール上映はシアター・イメージフォーラムで3月7日から20日までレイトショー。大阪シネ・ヌーヴォでは3月28日から。

■関連記事
【動画】「ひなぎく」予告編
映画を超えた!? 名作がずらり チェコの映画ポスター展開催
プラハの映画ポスターギャラリー代表が講演 芸術性高いチェコポスターの魅力語る
チェコの国民的“おやすみ”アニメ「アマールカ」 8月レイトショー公開
チェコのシュルレアリスト、シュバンクマイエル監督が来日!