iPhoneでYouTubeの音楽がバックグラウンド再生されなくなった? 3ステップで再生させるお手軽な裏ワザ

写真拡大 (全3枚)

YouTube」使っている人は多いだろう。そう、世界最大級の動画サービスである。最近では、Chromecastを使ってテレビでも観られたり、音楽タブができたりと益々便利で楽しくなった。さらには、フルHDを上回る画質にも対応するなど、ユーザーを飽きさせないアップデートが続いている。

YouTubeで、さながらオンラインミュージックプレイヤーのような使い方をしている人も結構多いと思われる。

しかし今、このYouTubeで少し困ったことがある。
iPhoneやiPadで提供されている公式「YouTube」アプリが、アプリを閉じると再生も止まってしまうようになった。そう、音楽を聞きながらiPhoneの画面をオフにできなくなったのだ。

音楽プレイヤーにように使うには、常にiPhoneの画面は点灯しっぱなしにしないとならない。これではバッテリーの減りがとても早くなってしまう。これは困る。

しかしながら、この問題の解決方法はある。

●意外な方法でYouTubeをバックグラウンド再生が可能に
実は、意外な方法を使うことでYouTubeをバックグラウンド再生させることができるようになる。

それは、「YouTube」アプリを使わない方法なのだ。操作方法はいたってカンタン。たったの3ステップでバックグラウンド再生ができるようになる。

1・Safariブラウザを起動し、そこからサイト版のYouTubeを開く。

2・目的の動画(音楽)を見つけたら再生させる

3・ホームボタンを押してホームへ戻る

これだけなのだ。え?再生が止まってしまうって?
安心して欲しい。下からスワイプすると出てくる「コントロールセンター」で音楽の再生を意味する横向き三角をタップしよう。直前に再生していたYouTubeの音楽が再生されるはずだ。


Safariブラウザからホーム画面へ戻ったらコントロールセンターを開いて再生するだけ

●アプリとの同時再生も可能だが注意点も
この再生方法を使うことで、Safariブラウザを閉じている状態(正確にはバックグラウンドにまわしている)でもYouTubeを再生することができる。
さらに、iPhoneやiPadをロックしていても音楽の再生が可能なのだ。

したがって、電車で移動中などでも気軽にミュージックプレイヤー感覚で利用することができるうえ、画面が点灯していない状態なので、バッテリーの消費を防ぐこともできる。
まさに一石二鳥の裏ワザだ。



ロック中でも再生、停止、ボリューム調整が可能だ

しかしながら、注意点もある。
バックグラウンドで再生しているとはいえ、YouTubeを再生しているときは常にデータ通信を行っていること。Wi-Fiであればまだしも、モバイルデータ通信(パケット通信)を行うと思いのほかデータ量を使ってしまう可能性がある。

また、Safariブラウザで再生している状態なので、Safariブラウザはその間利用できない。つまり、インターネットが利用できないのだ。
もしYouTubeをバックグラウンド再生させている最中にインターネットを行いたい場合は、Google ChromeやOperaなど外部のブラウザアプリを利用しよう。

とても手軽な方法で、iPhoneでYouTubeをバックグラウンド再生できるようになるうえ、特別なアプリをダウンロードする必要がない。
ぜひ試してみることをおすすめする。
布施 繁樹