ショーン&ビッツァー、都会へ!
 - (C) 2014 Aardman Animations Limited and Studiocanal S.A.

写真拡大

 NHK Eテレで放送中のストップモーション・アニメシリーズ「ひつじのショーン」初の長編となる『映画ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』の日本公開日が、7月4日に決定した。

 「ひつじのショーン」は、『ウォレスとグルミット』などで知られるイギリスのアニメ制作スタジオ、アードマン・アニメーションズが製作した1話7分のショートアニメで、1995年の映画『ウォレスとグルミット、危機一髪!』に登場したひつじのキャラクターを主人公にした物語。牧場を舞台に、いたずら好きで賢いひつじのリーダー、ショーンとその仲間たち、マイペースな牧場主&牧羊犬ビッツァーの日常を、イギリスならではの笑いを交えて描いたコメディーで、2007年に英国BBCでシリーズ化されている。

 映画版では、ショーンが牧場主にあるいたずらを仕掛けたことからトラブルが勃発するというシリーズお約束の展開から幕を開けるが、今回は彼らが牧場を離れて都会に繰り出す。かわいらしいルックスとは裏腹に人間顔負けの知恵&大胆なチャレンジを繰り出すショーンの活躍、いつもショーンに振り回されてばかりのビッツァーの受難が、いかにスケールアップするのか。期待が高まる。(編集部・石井百合子)

『映画ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』は7月4日より新宿ピカデリー他にて全国公開