都会に繰り出すショーンたち

写真拡大

人気クレイアニメシリーズ初の長編映画「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」が、7月4日に劇場公開されることが決定し、新ビジュアルがお披露目された。

「ひつじのショーン」は、英アードマン・アニメーションズ制作の人気クレイアニメ。「ウォレスとグルミット」の短編シリーズ第3弾「ウォレスとグルミット、危機一髪!」(1997)に登場したショーンを主人公にすえたスピンオフ作品で、ショーンと仲間が巻き起こす騒動をユーモアたっぷりに描く。

本作は、「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」「マダガスカル」の脚本を手がけたマーク・バートン、リチャード・スターザックが共同でメガホンをとった。自由な生活を手に入れるため、ショーンが牧場主にいたずらを仕かけたことから、トラブル発生。眠る牧場主を乗せたまま暴走するトレーラーを追い、ショーンたちは都会へ向かう。

新ビジュアルは、牧場主がプリントされたたずね人のポスターを手にバスに乗り込んだショーンや、「MR.X」と書かれた巨大看板の前に立つ牧羊犬のビッツアーたちの姿をキャッチ。ショーンたちを待ち受ける冒険に期待が高まる。

「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」は、7月4日から全国で公開。

■関連記事
アードマン「ひつじのショーン」初の長編映画、来夏公開決定!
アードマン「ひつじのショーン」映画版が撮影開始
アードマン「ひつじのショーン」が映画化 2015年公開へ
人気クレイアニメ「ひつじのショーン」が2度目のエミー賞受賞
「ウォレスとグルミット」アードマンと英国映画協会がアニメ映画製作を支援