中国共産党による反腐敗キャンペーンの裏で役人の「異状死」が急増

ざっくり言うと

  • 中国共産党の第18回全国代表大会以降、役人の異状死が急増している
  • 反腐敗キャンペーンが展開され、少なくとも50人の党員幹部が異状死
  • 異状死とは自殺、他殺、事故、自然災害などを原因とする突発的な死を指す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x