『新宿スワン』(5月30日公開)のポスターも解禁!/[C]2015「新宿スワン」製作委員会

写真拡大

綾野剛主演、園子温監督作品『新宿スワン』が5月30日(土)より公開されることが決まった。本作は、ヤングマガジンで連載直後から熱狂的な人気を誇る同名マンガを、『クローズ』シリーズのプロデューサー山本又一朗と奇才・園子温監督が鈴木おさむを脚本に迎え、完全実写化したもの。

【写真を見る】『新宿スワン』に出演する伊勢谷友介、綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ/[C]2015「新宿スワン」製作委員会

キャスト陣には、綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介らがすでに発表されていが、今回さらに、金子ノブアキ、深水元基、山田優、豊原功補、吉田鋼太郎、村上淳、久保田悠来、真野恵里菜、丸高愛美、安田顕ら個性豊かで魅力的な俳優陣が発表された。彼らの演技がいち早く見られる特報も解禁となったので、チェックしてみてほしい。

また本作の世界を彩る楽曲群には、主題歌にMAN WITH THE MISSIONの書き下ろしによる新曲「Dive」、挿入歌にこちらも書き下ろしによる新曲UVERworldの「Collide」と、人気絶頂の2つのバンドの参加も決定した。

物語の舞台は、わずか600メートル四方の地に約4000店以上の飲食店・風俗店がひしめきあうアジア最大の歓楽街“新宿歌舞伎町”。女性たちに水商売の斡旋するスカウトマンたちの熾烈なだまし合いによる抗争と、頂点へと成り上がろうとする熱き男たちのロマンを描く。人生のどん底を味わい、アテもなく歌舞伎町を彷徨う、金髪、天パー、一文無しの白鳥龍彦(綾野剛)。龍彦が足を踏み入れたのは、様々な男女の危険な思惑が混濁とする世界だった。「俺がスカウトした女の子は、必ず幸せだって言わせます!」と宣言する龍彦の戦いがはじまる。

スカウト会社バーストでスカウトマンの道を歩みはじめる白鳥龍彦役の綾野剛は、「皆様、お待たせしました。ようやくお届けできること、感謝の極みです。園子温組、スタッフ、キャストと共に魂を込めて暴れさせていただきました。遠慮なく、皆様に爪痕を残す所存です。いざ」とその心意気をコメント。

バーストのライバル会社のスカウトマン南秀吉役の山田孝之は、「魅力を感じてしまうほどの凶暴性を持った秀吉は、きっと見た人々の心に深く残ると思います。孤独で賢く不器用な彼は、今でも僕の中に留まり続け、時折その凶暴性に精神を乗っ取られそうになります」と役への思い入れを語った。

龍彦を育て上げる謎に充ちた一級のスカウトマン真虎を演じる伊勢谷友介は、「以前から参加したかった園監督作品に初めてがっつり関わらせていただきました。全38巻からなる原作の壮大なスケールを感じさせる作品に仕上がったと思います。さらに龍彦、そして真虎のその先はどうなるのか、僕自身もワクワクしています」と語った。

はかない運命を背負った風俗嬢アゲハを演じる沢尻エリカは、「『新宿スワン』、衝撃の作品です。アゲハを通してこの作品に恋をしました。男たちの迫力のある芝居に圧倒され、現場では常に刺激と興奮の連続でした」とコメント。そして園子温監督は、「今までの自分を全部捨て去って、新人、新しい監督となって挑んだ」と期待が膨らむコメントを発表している。

人気マンガを豪華俳優陣と鬼才・園子温が映画化するという話題の本作。新しい監督となって挑んだとコメントしているが、またも園節炸裂な作品となるのか、今から楽しみだ。【Movie Walker】