納豆餅をほおばる橋本愛

写真拡大

女優の橋本愛が1月28日、主演作「リトル・フォレスト 冬・春」のロケ地となった岩手県に、メガホンをとった森淳一監督とともに凱旋した。フォーラム盛岡で行われた最速上映会に登壇すると、郷土料理トークを繰り広げ、場内は大喝さい。また翌29日には、ロケ地となった奥州市衣川区に1年ぶりの凱旋。地元の主婦たちから「娘が帰ってきたみたいで嬉しい」と言われ、終始笑みを浮かべていた。

橋本が衣川区・ふるさと自然塾を訪れると、「愛ちゃんの作った餅米だよ」と声をかけられ大興奮の様子だ。「えー! だったら絶対に餅つきしたい! わたし、結構力仕事は得意です!」とノリノリだったが、ほどなくギブアップ。それでも、「(劇中で挑んだ)まき割り同様、餅つきも大変上手」とほめられていた。その後も、本編に登場する「納豆餅」をほおばるなど、地元民との交流を満喫した。

28日の舞台挨拶では、開口一番「みなさん、夕飯は済ませていますか? 映画を見るとおなかがすきますよ」とニヤリ。岩手には縁があるといい、「『リトル・フォレスト』含め3度来ています。遠野、久慈、そして奥州市ですが、それぞれの地域ごとの特色があって豊か。そして岩手は広い! 大きい!」とアピールした。また、岩手の郷土料理でお気に入りを聞かれると「私の故郷・熊本の郷土料理で『だご汁』という料理があって、子どもの頃から大好物だったのですが、岩手で『ひっつみ』を食べたとき、すごく似ていて懐かしさを感じると同時に、おいしさに改めて感動しました」と明かした。

同作は、五十嵐大介氏の同名コミックを「春」「夏」「秋」「冬」の4部作として実写化し、「夏・秋」「冬・春」の2編にわけて劇場公開する「リトル・フォレスト」の完結編。一度は街に出たものの居場所を見つけることができず、生まれ故郷の小さな村に戻ってきたいち子が、東北の美しくも厳しい自然に囲まれた自給自足の生活を通じて、自らを見つめ直していく姿を描いた。橋本のほか三浦貴大、松岡茉優らが共演している。

「リトル・フォレスト 冬・春」は、2月14日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「リトル・フォレスト 冬・春」予告編
橋本愛に訪れた大いなる転機 本音で語った誓いの言葉
橋本愛&松岡茉優「リトル・フォレスト」初日でさわやか笑顔
松岡茉優が明かす盟友・橋本愛への思い 貪欲な姿勢がもたらす規格外の可能性
橋本愛が“虫”に悲鳴! 「リトル・フォレスト農園」が柏の葉に開園