実にブックオフらしいですね。

古本のブックオフが格安スマホの新ブランド、「スマOFF」を開始しました。すでに公式ページもあります。

スマOFF

この「スマOFF」で取り扱っているスマホは、Acer(エイサー)製の「Liquid Z200」という機種のみ。価格は1万円(税別)で、スペックは控えめです。

端末について[スマOFF]

しかし、なんといっても注目すべきは、「端末無料引換券」の存在。なんと、中古のスマホを「スマOFF」に売ると、「Liquid Z200」が無料でもらえてしまうのです。

買い取り対象は、「2007年以降に製造されたdocomo/au/Softbankの携帯電話・スマートフォン」に限られます。とはいえ、「iPhone 3GS」でさえ2009年発売ですから、対象外の携帯電話を持っている方のほうが少ないでしょう。

携帯電話の売却は、ブックオフ店舗・ネットのどちらからでもできます。近所にブックオフのある方は、直接持っていったほうが早いかもしれません。

150128_smaoff_01.jpg

ただし、「端末無料引換券」でスマホをもらった場合、「スマOFF」の格安SIMと2年間の契約が必須となります。いわゆる、「格安スマホ」として使うことになるわけです。

「格安スマホ」= MVNOの安価なSIM + SIMフリー端末

この格安SIMのプランは月額980円で、一日70メガバイトまで通信できます。一カ月で2ギガバイト通信できて980円は、まあまあ優秀ではないでしょうか。

なお、自分が一日に何メガバイト通信しているのかは、以下の方法で確認できます。

7GB制限に戦々恐々な方へ...簡単に通信量を確認する方法【初心者講座】

途中で解約する場合は、1万円の違約金が発生するとのこと。つまり、機種料金がそのまま違約金となるわけですね。


持っている携帯電話を売ることでサービスが受けられるという、じつにブックオフらしい「スマOFF」の取り組み。手元に古い携帯が余っている方は、いかがでしょうか。


スマOFF[via ケータイ Watch]