黒沢かずこ、溝端淳平との対面に感激

写真拡大

世界的な恋愛ベストセラー小説の映画化『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2月13日公開)のイベントが、1月29日に東京テレビセンターで開催。先日、本作とコラボレートした特製ポスターがWebで公開され、「この男女は誰!?」と話題を呼んだが、本日、その2人が登壇。ポスターで主人公のアナ役に成り切ったのは、森三中の黒沢かずこだった。続いて、極秘で進められた相手役、グレイに変身した溝端淳平がサプライズで登壇し、黒澤は舞い上がった!

【写真を見る】溝端淳平、黒沢かずこの熱唱に爆笑

最初に目隠しをして現れた黒沢。後から登場した溝端のニオイをかぐと「待って!めっちゃ良いニオイ!」と大興奮。溝端は、劇中のグレイのセリフ「好きだ」をささやくと、黒沢は大喜び。続いて目隠しを外すと、大ファンである溝端がいて、びっくりする黒沢。「想像した方と違ってビックリしました。芸人さんだと思っていたので」と、顔を赤らめた。溝端は「何か、むしろ、すみません」と恐縮。

黒沢は、溝端に「キューティーハニー」を熱唱して捧げた後、「こんなに恥ずかしいとは思いませんでした。ひな壇の時、ゲストでいらしてたけど、後頭部しか見えてなかったので。今日は真横から見れて感激です」とドギマギしながらコメント。溝端は「生歌を聞かせていただき、うれしいです」と笑顔を見せた。

また、溝端は黒沢に「髪の毛がとってもきれいですね」とほめたが、黒沢は「ヅラです……」と告白し、会場は大爆笑。溝端は「すみません!」と大慌て。さらに溝端は黒沢について「とても女性らしさがある方。とっても乙女な心がある素晴らしい人」とほめちぎったが、黒沢は「うれしいです。ヅラなのは気づいてもらえなかったけど」と突っ込み、また、会場は爆笑の渦となった。

巨大企業の若きCEOグレイと、恋愛経験ゼロの女子大生アナとの特異な恋愛模様を描いた『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。元モデルのジェイミー・ドーナンと、『ソーシャル・ネットワーク』(10)のダコタ・ジョンソンというフレッシュな若手コンビの好演が光る。 【取材・文/山崎伸子】