メリッサ・マッカーシーとクリステン・ウィグ写真提供:アマナイメージズ、写真:Startraks/アフロ

写真拡大

オール女性キャストでリブートされる新「ゴーストバスターズ」の出演者が決定したと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

人気コメディアンのメリッサ・マッカーシー、クリステン・ウィグに加えて、長寿バラエティ番組「サタデーナイト・ライブ」のレギュラー出演者であるレスリー・ジョーンズとケイト・マッキノンが参加。女性コメディアン4人が、幽霊退治を行うゴーストバスターズのメンバーとなる。

監督は、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」や「デンジャラス・バディ」など、女性を主人公にしたコメディを得意とするポール・フェイグ。マッカーシー、ウィグとは過去に仕事をしている。

製作のソニー・ピクチャーズは、オリジナルキャストで「ゴーストバスターズ3(仮題)」を企画。ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス主演、アイバン・ライトマン監督で実現を目指したものの、マーレイが出演を固辞。さらに、ライミスが2014年に死去したため、頓挫した経緯がある。

女性版としてリブートされることになった新「ゴーストバスターズ」は、今夏クランクインの予定。

■関連記事
オール女性キャストのリブート版「ゴーストバスターズ」監督・脚本家が決定
「ゴーストバスターズ」豪華ブルーレイ、9月に発売
ジェシカ・チャステイン&クリステン・ウィグ、リドリー・スコット新作に出演?
アメリカで「ゴーストバスターズ」ドーナツが発売
メリッサ・マッカーシー、念願のデザイナーデビュー