ニック・ジョナス

写真拡大

ジョナス・ブラザーズの三男、ニック・ジョナスが、『glee』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』などで知られる気鋭クリエーター、ライアン・マーフィーの新作ドラマにレギュラー出演することが決まったようだ。

【関連記事】ルックス抜群の正統派から北欧の美男子まで、ハリウッドで話題の人気イケメン兄弟をご紹介!

米Entertainment Weeklyによると、『Scream Queens』というタイトルのこのドラマは、連続殺人事件で揺れる大学のキャンパスを舞台にした、1時間尺のコメディ・ホラー。ただし、この設定は今シーズンのみで、シーズン更新があった場合は、『アメリカン・ホラー・ストーリー』と同様、シーズンごとにストーリーと主要キャストが演じるキャラクターを一新する手法が取られる模様。

ニックが演じるキャラクターなど、詳細は明らかになっていないが、『glee』のリー・ミシェルや『アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団』のエマ・ロバーツをはじめ、ジョー・マンガニエロ(『トゥルーブラッド』)やアビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)、さらにジェイミー・リー・カーティス(『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』)といった豪華なキャスティングが発表されている。また、歌手で女優のアリアナ・グランデ(『サム&キャット』)のゲスト出演も、すでに決定しているとか。

少しずつ内容が明らかになり、期待が高まる『Scream Queens』は、この春から撮影が開始され、今秋に放送開始予定だ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『Glee』ファイナル・シーズンに再登場するのは...?『Glee』の舞台がNYへ移る可能性が! 製作陣が検討中『Glee』、シーズン6で終了へ 番組クリエイターが確認