エマ・ワトソン

写真拡大

大ヒット映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で大ブレイクしたエマ・ワトソンが、ディズニー製作の実写版ミュージカル映画『美女と野獣』でベル役を演じることが明らかとなった。

【関連記事】どう変わった? ハリウッドスター、イメチェンと肉体改造計画で大変身

1991年に公開されたアニメ映画『美女と野獣』は、第64回アカデミー賞にて、アニメとして初の作品賞にノミネートされる快挙を果たした作品。村に住む美しい娘ベルは、父の身代わりとして、恐ろしい野獣の姿をした男の家に幽閉されることに。頑なに心を閉ざしていた野獣だったが、ベルの優しさに触れるにつれ、次第に心を開くようになる。魔女に呪いをかけられ野獣に変えられた王子が、ベルに愛されることで奇跡が起こるというストーリーだ。

米BROADWAY.COMによると、エマは自身の公式Facebookページにて、『美女と野獣』への出演を発表。「ついに報告できることになったわ。ディズニーの実写版映画『美女と野獣』で、ベルを演じることになったの! 本作は子どもの頃から慣れ親しんだ作品だし、「Be Our Guest」のナンバーで踊って「Something There」を歌えるなんて信じられない! 6歳の頃に戻ったような気分で胸が一杯よ。歌のレッスンを受け始めなくっちゃ。みんなに見てもらえるのが待ち切れないわ!」と、ファンへ向けてメッセージを送っている。

ビル・コンドン監督(『ドリームガールズ』)がメガホンを取る本作は、今年中に撮影が開始されるとのこと。公開日は今のところ未定だが、誰が野獣を演じることになるのか、続報も追ってお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『アナと雪の女王』イディナ・メンゼル、ブロードウェイ・ミュージカル版に意欲!豪華俳優陣が揃い踏み!! ディズニー最新ミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』NYワールド・プレミア開催で最新コメント到着『ハリー・ポッター』エマ・ワトソンが親善大使として国連で堂々スピーチ!