マリオット・インターナショナルが全客室をストリーミングサービス対応にPhoto:AP/アフロ

写真拡大

世界各地にホテルを展開する米大手マリオット・インターナショナルが、全客室をストリーミングサービス対応にすることを検討していると、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

すでに同社グループのホテルでは、パソコンや携帯デバイスを通じてストリーミングサービスにアクセスが可能で、今後はテレビで快適に視聴できるようにする予定。試験的に8軒のホテルのテレビでネットフリックスをはじめHulu、パンドラなどにアクセスできるようにするという。

ネットフリックスの会員は世界中で5000万人以上、Huluの有料会員は600万人、パンドラの有料会員は300万人いる。マリオットは世界に3900軒以上の宿泊施設を所有していることから、すべての客室がこれらのサービスに対応すれば、会員増にもつながりそうだ。

■関連記事
アマゾンのストリーミングサービス利用者が増大
ネットフリックスの影響でドラマの“一気見”が定着
米HBO、未加入者の取り込み狙うストリーミング動画サービス開始
公開中の映画を視聴できる高級ホームシアターシステムが米富裕層に人気
映画版「ヴェロニカ・マーズ」、劇場公開と同時にオンデマンド放送を開始