写真提供:マイナビニュース

写真拡大

来日中の俳優ジョニー・デップが28日、体調不良のため日程を1日変更して仕切り直しとなった主演映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(2月6日公開)の来日記者会見に出席し、前日の会見ドタキャンについて謝罪した。

婚約者のアンバー・ハードを伴って26日に来日したデップは、27日正午より予定されていた会見に開始時刻になっても姿を現さず、1時間過ぎた頃に配給会社の担当者が体調不良による中止を発表。同日夜に開催されたジャパンプレミアには、ハードと共に約1時間遅れで登場し、笑顔でファンサービスを行った。

会見冒頭でデップは「昨日は本当に申し訳なかったです」と謝罪。「風邪というか、インフルエンザが残っていたという感じで体調が悪く」と説明し、「でも、それが本当の理由ではなくて、"チュパカブラ"という珍獣に朝襲撃されまして」と笑わせた。

さらに、「何時間か戦ってはみたんですけど、非常に残虐性があってねちっこいんです。たぶん私のスーツケースに入って連れてきてしまったんじゃないか」と珍獣トークを続け、「23階から振り落としたので、もう二度と会うことはないと思います」とコメント。そして、爆笑する報道陣に「みなさんのご理解に感謝します」とあらためて感謝の気持ちを伝えた。

なお、会見のやり直しは、昨日深夜に発表。配給会社は「度重なる長距離飛行による疲労のため、会見実施の前までに体調を崩し、出席することが困難となりました」と説明していた。

(C)2015 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.