映画初出演と歌手デビューが決まった人気モデルの三戸なつめ

写真拡大

桐谷美玲主演の映画「恋する・ヴァンパイア」(「・」はハートマーク)に、モデルの三戸なつめが出演していることがわかった。Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅも手がける中田ヤスタカがプロデュースする主題歌「コロニー」の歌唱も兼ね、歌手としてメジャーデビューを果たす。

三戸は「mer」「CHOKI CHOKI GiRLS」「SEDA」「Zipper」といった青文字系ファッション誌で活躍する人気モデル。2010年から関西で読者モデルとして活動し、13年に上京。その愛らしいキャラクターや笑顔で10〜20代女性から支持を集め、14年からは歌手活動も行っている。

映画は、世界一のパン職人を夢見るバンパイアのキイラ(桐谷)と初恋相手の人間の男性・哲(戸塚祥太)が織りなすラブストーリーで、三戸はキイラがパンを配達するバーの店員ナツ役で出演。主題歌「コロニー」は劇中、哲がキイラとの再会シーンで歌っている歌として登場し、同楽曲をエンディングテーマとして三戸が歌う。三戸は同楽曲で、4月8日にソニー・ミュージックから歌手としてメジャーデビューする。

初挑戦となった演技について、三戸は「緊張しましたが、自分に近い役柄だったので自然体で演技できました。桐谷さんと共演させていただいたシーンでのセリフがとても可愛くて印象に残ってます。戸塚さんは一緒にギターセッションのシーンがあったのですが、気さくに話しかけていただいて、緊張せず楽しく撮影させていただきました」と話している。4月17日公開。

■関連記事
桐谷美玲、念願成就!映画化熱望した「ヒロイン失格」に主演 変顔で新境地
戸塚祥太、“バンパイア”桐谷美玲の初恋相手役で銀幕デビュー
ローラ殿堂入り!ネイル美女ずらり 尾上松也「頭下がる」
桐谷美玲、好物は人間の生き血!? キュートすぎる「恋する・ヴァンパイア」に主演
桐谷美玲、キャスターの経験活かし介護問題に切り込む新聞記者役に