パリとモントリオールで展開する「愛が起こした奇跡」(C)2011 Productions Cafe de Flore inc./ Monkey Pack Films

写真拡大

「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督がメガホンをとったカナダ・フランス合作映画「カフェ・ド・フロール」のポスタービジュアルと予告編が、このほど公開された。

1969年のフランス・パリ、現代のカナダ・モントリオールという異なる2つの時代を生きる男と女、そして母と息子の愛のドラマ。「ダラス・バイヤーズクラブ」で第86回アカデミー賞3冠に輝き、本年度も「ワイルド(原題)」で2部門にノミネートされたバレ監督がメガホンをとり、バネッサ・パラディが主演する。そのほか、ケビン・パラン、エブリーヌ・ブロシュ、マラン・ゲリエらが共演している。

物語は、69年のパリでシングルマザーとして生きる美容師のジャクリーヌ(パラディ)と、障害を抱える息子・ローラン(ゲリエ)の生活を描く。一方、現代のモントリオールでは、DJとして活躍し幸せの全てを手に入れたはずのアントワーヌ(パラン)が、別離した妻キャロルを忘れられないまま苦悩する姿を映し出す。

ポスターは、「愛が起こした奇跡」というコピーとともに、息子を愛おしそうに抱く母ジャクリーヌをとらえている。さらに予告編では、マシュー・ハーバートの名曲「カフェ・ド・フロール」にのせ、2つの家族の愛と苦悩が交錯。みずみずしい音楽と、切々と流れる映像が期待をあおる仕上がりとなっている。

「カフェ・ド・フロール」は、3月28日から東京・恵比寿ガーデンシネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

■関連記事
【動画】「カフェ・ド・フロール」予告編
【作品情報】「カフェ・ド・フロール」
バネッサ・パラディ主演「カフェ・ド・フロール」恵比寿ガーデンシネマ第1弾作品として公開
ジャニス・ジョプリン伝記映画に「ダラス・バイヤーズクラブ」監督が参戦
米サイト選出「史上最高のミッドナイトムービー50本」