(左から)ソフィー・ターナー、タイ・シェリダン、アレキサンドラ・シップPhoto by Dave J Hogan/Getty ImagesPhoto by Philip Cheung/Getty Images写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

人気シリーズ最新作「X-MEN:アポカリプス(原題)」に、若手俳優のタイ・シェリダン、アレキサンドラ・シップ、ソフィー・ターナーがキャスティングされた。メガホンをとるブライアン・シンガー監督が、自身のTwitterで報告した。

プロデュースも兼ねるシンガー監督は、「新たな素晴らしき若いミュータントたちを紹介しよう」とツイート。それぞれの配役は、シェリダンがサイクロップス、シップがストーム、ターナーがジーン・グレイとなっている。これらのキャラクターはシリーズ1〜3作目でメインキャラクターとして描かれており、サイクロップスをジェームズ・マースデン、ストームをハル・ベリー、ジーン・グレイをファムケ・ヤンセンが演じていた。

「ツリー・オブ・ライフ」で巨匠テレンス・マリックに見出されたシェリダンは、デビッド・ゴードン・グリーン監督作「Joe(原題)」で第70回ベネチア国際映画祭の新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞に輝き、今年は6本の出演作の公開が控えている期待の星。映画出演は本作で2度目となるシップは、22歳の若さで死去したR&Bシンガー、アリーヤの生涯を描いたテレビ映画「Aaliyah: Princess of R&B(仮題)」で主演を務めた。ターナーは人気ファンタジードラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のサンサ・スターク役で脚光を浴びている新鋭だ。

シリーズ第6弾の「X-MEN:アポカリプス」は、昨年公開された「X-MEN:フューチャー&パスト」の続編。マグニートー役のマイケル・ファスベンダー、プロフェッサーX役のジェームズ・マカボイ、ミスティーク役のジェニファー・ローレンスが続投し、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のオスカー・アイザックが悪役アポカリプス役を演じる。2016年5月27日に全米公開予定。

■関連記事
「X-MEN」シリーズ最新作「アポカリプス」が2016年公開へ
チャニング・テイタム主演「X-MEN」スピンオフ「ガンビット」、2016年秋全米公開
オスカー・アイザック「X-MEN:アポカリプス」悪役で不死のミュータント
「X-MEN」最新作は、ミスティークとマグニートーのロマンスに焦点
「X-MEN」最新作にブライアン・シンガー監督 訴訟は取り下げ