アマンダ・アビントン

写真拡大

英国の有名デパート、セルフリッジの創業者であるハリー・ゴードン・セルフリッジの人生を描く伝記ドラマ『セルフリッジ 英国百貨店』。シーズン1は日本にも上陸しているが、英国では1月25日より待望のシーズン3がスタートした。そんな本作でアクセサリー売り場の責任者であるマーデル嬢を演じるアマンダ・アビントンが、これまでとは違う、シーズン3ならではの喜びを語った。

【関連記事】『SHERLOCK』シーズン2(字幕版)放送スタート記念! スペシャルコメント<4>マーティン・フリーマン

シーズン1から『セルフリッジ』に出演しているアマンダが、新シーズンで特にうれしく思っているのは、ドレスの下に身に着けていたコルセットを着用しなくなったことだという。「コルセットがないのは、すばらしいことよ! お昼休みに腰を下ろすことができるし、"あー、やれやれ"って気分にならないもの」と冗談交じりに打ち明けた。シーズン3では、セルフリッジ創業から10年が経った第一次世界大戦後の1919年へと時が移る。それは、働く女性が増えたことにより、女性のファッションが大きく変化した時代。実話にもとづく本作では、衣装にも時代背景を反映させているため、アマンダはコルセットの着用から解放されたというわけだ。

アマンダは、英BBCの大ヒットドラマ『SHERLOCK シャーロック』でワトソンの妻になるメアリー役を演じているうえ、私生活ではワトソン役を務めるマーティン・フリーマンのパートナーでもある。実は『セルフリッジ』シーズン1では、小説「シャーロック・ホームズ」シリーズの著者であるアーサー・コナン・ドイルが登場するエピソードが描かれ、マーティンがひそかにカメオ出演している。アマンダと共演するマーティンの姿を探しながら、ドイルが生きていた時代の衣装や街並み、社会背景などにも注目してみると、『セルフリッジ』を一層楽しめるはずだ。

なお、日本では『セルフリッジ』シーズン1がフジテレビオンデマンドにて配信中(第1話は無料)。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『SHERLOCK』マーティン・フリーマンの実生活のパートナー、アマンダ・アビントンがワトソン夫人役に!マーティン・フリーマンの実生活のパートナー女優アマンダ・アビントンが、『シャーロック』S3で"重要キャラ"として出演!『SHERLOCK』世界でも大ヒット! 世界で最も観られているBBCドラマに!