各地でマスクを着用するファンも多数、カラフルに会場を彩った

写真拡大

ブーム再燃の新日本プロレスで、1・4東京ドーム興業後の新春名物として定着、人気沸騰のシリーズがある。今年も13日から19日にかけ、4都市6日間で開催された「FANTASTICA MANIA(ファンタスティカマニア)」だ。

提携しているメキシコ最大のプロレス団体CMLLから現地の選手(ルチャドール)を招聘(しょうへい)し、メキシコのプロレス「ルチャリブレ」を披露。チケットはもちろん、グッズの売上げも絶好調で、2011年から毎年1月に開催、年々ファン層を拡大している。

5回目で過去最大規模となった今回の“ルチャの祭典”は17選手が参戦、新日本本隊の看板選手らも本場スタイルで躍動し異色のプロレスで大いに沸かせた。

子供から女性までファンを獲得するルチャリブレの魅力とは? その熱気を追っかけリポートした後編、舞台は関西から東京へ!

■ルチャリブレの凄さを目の当たりにした新木場大会

ひと握りの幸運なファンだけが観戦できるのが、この新木場大会だ。リングの周囲には立ち見席を合わせて、たった300席。ほぼ、かぶりつきでリングを見上げる形となり、空中殺法の多いルチャを観るにはうってつけの会場なのだ。

望めば場外乱闘にだって巻き込まれ放題の距離!(お気をつけください) 近くで見るリングのマットは思いのほか高く、ルチャドールの跳躍力が加われば、まるで紐のないバンジージャンプだ。

メキシコ人の身体能力って、こんなに高いの…!? と思いきや、現地事情に詳しいBUSHI選手によると「メキシコ人がすごいのではなく、CMLLの選手がすごい」とのこと。来日しているのは団体でもトップの選手たちばかりなのだ。

新日本のこのマットに上がるのは彼らの間でもステイタスと認知されており、売出し中の有望株も続々参戦。メキシコでもこんな豪華な試合はめったにお目にかかれないらしい。

間近で見て気づくのだが、160cm台から170cm前後と“普通サイズ”の小柄な選手が多いのもルチャの特色。その身軽さを活かし、凄まじいスピードでリングの四方八方へ飛び出す。相手に飛びついた勢いでそのまま首周りをぐるぐる回ったりと、まるで無重力な技の数々に観客は驚きと喜びで絶叫!

“ジャベ(鍵)”と呼ばれる複雑な関節技も魅力だ。魅せることを意識したジャベには、敵味方入り混じって足を極め合い、輪になって完成するものも。広げられた足が星形に見えることから『エストレージャ』と呼ばれるこの技、誰のどこに何が効いているのかはわからないが、神々の遊びの如き崇高さすら覚えるスゴ技に感嘆…。

■ここまで人気があったとは…! 後楽園ホール1日目

この日のメインは、メキシコで“聖地”と呼ばれる会場アレナ・メヒコで昨年行なわれた「マスク剥ぎマッチ」の再現。“生きるレジェンド”アトランティス、“最強のルード(悪役)”ウルティモ・ゲレーロの一騎打ちで、日本のファンも震えながら待った好カードだ。

休日ということもあり、指定席は全て売り切れ。立ち見の当日券を求めて長蛇の列までできた。中には「もうちょっと勉強してこないと、応援の仕方とかわからないね」と話し合う真面目なカップルも…。

確かに、プロレス人気が復活し、レスラーが女性誌にモデルとして登場したり、女性向けファンムックまで刊行される一方で、ルチャリブレの情報は非常に少ない。そんな中、マニア諸君はどうやって情報を集めているのか、聞いてみると?

「DVDを買ったり、youtubeで観たりですね」(マスクの若者)、「インターネットの配信を観ています」(20代前半・男性)、「twitterで情報交換」(30代女性)、「去年の大会を観て、すぐサムライチャンネルに加入しましたよ!」(40代男性)

ネットを駆使する時代の恩恵ではあるが、それでも不自由な環境だからこそ、愛は燃えるのか…。もっとも、そんな心配もご無用で、さすが大会が浸透してきたこともあり、本場ルチャドールは盛り上げるのもうまい。

セコンドの掛け声と手拍子に合わせ、会場には応援の渦が巻き起こる。観客とリングが一体感に包まれる瞬間だ。ルード側とテクニコ(正義役)側の声援合戦も楽しい。意味はわからなくても手拍子だけしておけば大丈夫!

その真骨頂がウルティモ・ゲレーロ、お決まりの応援ポーズだ。後楽園ホールの客席が波打っているように見えるほど、憑(つ)かれたように両手を天に向け押し上げる観客。本人も、まさか日本でこれほど応援されるとは思ってもなかったろう。

気を良くしてか、大胸筋を揺らしながら必殺技の大盤振る舞いで、新日男子の闘魂に火を着け、女子のハートを盗む名勝負となった。

■新日でしかありえない! 大団円を迎えた後楽園ホール最終日

ついに迎えた最終日。平日にもかかわらず後楽園ホール二日目も観客で埋め尽くされた。

最終日なのは、ルチャドールたちにとっても同じ。ケガをしていようがいまいが出し惜しみはナシ! おおっレイ・コメタがついに必殺技の『コメタスペシャル』を…! ストゥーカ・ジュニアの『トルペド・プランチャ』、スゴイけど笑える! カベルナリオの必殺技が『カベルナリア』だなんて早口言葉か…でもスゴイ!

メフィストの『デビルズ・ウイングス』を受けて立ち上がれる者などいない…! ミスティコの『ラ・ミスティカ』の美しさときたら…! ポルボラの大胸筋ピクピクがこれで見納めだなんて…!

ボラドール・ジュニアの『スパニッシュ・フライ』の説得力…! アトランティスの『ラ・アトランティーダ』〜! そして、なんと風車式背骨折! ウルティモ・ゲレーロの『ゲレロスペシャル』〜! ラ・ソンブラの『シャドウ・ドライバー』!!

興奮して取り乱したが、ルチャドールたちの勇姿に、ある者は拳を突き上げ涙を流し、ある者は爆笑し、観客たちは“ルチャの祭典”を楽しみ尽くした模様。加えて、人気の高いマスカラ・ドラダ選手が新日本プロレスに所属することが発表され、ファンは喜びのトルネードに巻かれつつ、大会はフィナーレを迎えた。

試合が終わればノーサイドとばかりに、正義と悪が入り乱れて肩を組み、リングで記念撮影。某業界関係者も「新日さんでしかありえない」というハッピーエンドは、胸アツというほかなかった。

すべての会場が満員(うち4会場は超満員札止め)となった「FANTASTICA MANIA」。ここまで盛り上がる背景には、何か戦略的な仕掛けが?と菅林直樹会長に尋ねてみると、「twitterとfacebookで拡散しただけ」との答え。口コミでここまで広がる新たな目玉シリーズ、まったく計り知れない魅力です!

早くも来年が待ち遠しいが、その前に夏のG−1後にも開催されたら…。もう熱々で行きますけど!? ルチャファンの夢は広がるばかり…ビバメヒコー(メキシコ最高)!!

(取材・文・撮影/明知真理子 写真提供/新日本プロレス、元井美貴)