幸せだったころのふたり写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

若手女優エリザベス・オルセン(「GODZILLA」「オールド・ボーイ」)が、婚約者で俳優のボイド・ホルブルック(「ゴーン・ガール」)と、約3年の交際の末に破局したことがわかった。

25歳のオルセンと33歳のホルブルックは、2012年に映画「Very Good Girls(原題)」の撮影で知り合い交際をスタート。14年3月に婚約を発表した。

米アス誌によれば、1月9日に開催されたゴールデングローブ賞のプレパーティで、ホルブルックがオルセン似のブロンド美女と親しげにする様子が目撃された。また、先週末にオルセンがカリフォルニアのファーマーズマーケットを訪れたところをパパラッチされた際、婚約指輪を着けていなかったことから破局の噂が報じられていた。

オルセンは、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」が7月4日日本公開。ホルブルックは、テレンス・マリック監督、クリスチャン・ベール主演のタイトル未定の新作に出演している。

■関連記事
トム・ヒドルストン主演H・ウィリアムス伝記映画、妻役にエリザベス・オルセン
2018年公開「GODZILLA」続編、脚本家も続投
E・オルセン、バスタオル一枚で挑んだ「オールド・ボーイ」のキスシーン公開
エリザベス・オルセン、姉メアリー=ケイトに続き婚約
米コミコンで「アベンジャーズ2」のキャストが勢ぞろい