ダニエル・ラドクリフ主演のファンタジーサスペンス(C)2014 The Horns Project, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

ダニエル・ラドクリフが不思議な力を持つ角を生やした青年を演じるファンタジーサスペンス「Horns」が、「ホーンズ 容疑者と告白の角」の邦題で5月9日に全国で公開されることが決定した。

「ハイテンション」「ヒルズ・ハブ・アイズ」の仏監督アレクサンドル・アジャがメガホンをとり、スティーブン・キングの息子で作家のジョー・ヒル氏の長編小説「ホーンズ 角」を映画化。ラドクリフをはじめ、人気若手女優のジュノー・テンプル、マックス・ミンゲラ、ヘザー・グラハムらが出演している。

恋人メリン殺害の汚名を着せられたイグは、ある朝、頭に角が生えていることに気がつく。角には周囲の人間が真実を語り出す不思議な力が宿っており、イグは角の力を使いメリン殺しの真犯人探しを始める。しかし、メリンの死には悲しい秘密が隠されていた。

ラドクリフは、脚本を読んで出演を決意したそうで「角を頭につけることについては、初めはうまくいくか心配だったけど、実際につけてみたらとてもかっこよくて気に入ったんだ」と明かす。さらに「この作品は、今まで想像もしていなかったようなシーンがたくさん存在したし、僕の演じた役も、角の不思議な力によって人々の本音が聞こえてしまうというファンタジックなキャラクターは俳優としても挑戦しがいのある役柄だったね」と振り返っている。

「ホーンズ 容疑者と告白の角」は、5月9日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開。

■関連記事
ダニエル・ラドクリフ、ジョー・ヒル著「ホーンズ」映画化に主演
「グランド・イリュージョン」続編にダニエル・ラドクリフ、ジェイ・チョウが参戦
ダニエル・ラドクリフ、「キミに逢えたら!」監督の新作コメディに主演
ダニエル・ラドクリフはキス上手 デイン・デハーンが告白
ダニエル・ラドクリフが読売新聞社記者役 「トーキョー・バイス」映画化で主演