期待の若手俳優アンセル・エルゴートPhoto by Stephen Lovekin/Getty Images

写真拡大

「ダイバージェント」「きっと、星のせいじゃない。」でブレイクした旬の若手俳優アンセル・エルゴートが、エドガー・ライト監督の次回作「Baby Driver(原題)」に主演交渉中であることがわかった。

同作はライト監督が脚本を執筆。自分のお気に入りサウンドトラックさえあれば、どんな仕事も片付ける若きゲッタウェイドライバー(逃走を幇助する運転手)が、冷酷な犯罪組織のボスに協力を強いられ、成功する見込みのない強盗計画に巻き込まれるという“ロックンロール・カーチェイス・ムービー”だ。

米バラエティによれば、主人公には以前、ローガン・ラーマンやジョン・ボイエガが名乗りをあげていた。エルゴートはまだ交渉の初期段階だが、まもなく主演契約を結ぶと見られている。

俳優業のほかにDJとして活動しているエルゴートは、先頃、伊ファッションブランド「プラダ」の2015年春夏キャンペーン広告のモデルに起用された。シャイリーン・ウッドリーと共演した「きっと、星のせいじゃない。」は、2月20日日本公開。

■関連記事
エドガー・ライト監督が選ぶ2014年の映画ベスト10
サンダンス映画祭審査員にウィノナ・ライダー、エドガー・ライト監督ら
「アントマン」降板のエドガー・ライト監督、次回作が明らかに
クロエ・グレース・モレッツ、注目俳優アンセル・エルゴートと再共演
シャイリーン・ウッドリー主演のベストセラー青春小説映画化作、日本公開決定