写真提供:マイナビニュース

写真拡大

映画『マエストロ!』の公開直前イベントが20日、東京・よみうり大手町ホールで行われ、キャストの松坂桃李、miwa、西田敏行、小林聖太郎監督が出席した。

さそうあきらの同名漫画(双葉社刊)を実写化した本作は、オーケストラを舞台に、謎の指揮者と楽団員の奮闘を描く音楽エンタテインメント作品。ヴァイオリニストの香坂(松坂)のもとに、再結成した名門オーケストラの話が舞い込むが、指揮者は経歴も素性も不明の天道(西田)。自分勝手な進め方に楽団員たちは猛反発するが、復活コンサート当日、天道が仕掛けた“秘密”が明らかになる――というストーリーで、映画は31日から全国公開。

本格的なヴァイオリン練習を積んで撮影に臨んだ松坂は、「プロの方たちに触れながら進行することができた。音楽家としての人生を味わせてもらった経験でした」と振り返り、「大勢の人で1つのものを作る楽しさや喜びが詰まってる。コンサートシーンは、耳や体で実感して欲しい」と胸を張ってアピール。また、指揮指導は世界的指揮者・佐渡裕が務め、西田が、「情熱を人間の形にすると、あんな感じなんだなぁと思った。表情がとても豊かな方」と話すと、本作で初演技&初フルートに挑戦したmiwaも、「『フルートやってたんだよね?』って言われたのが、最高の褒め言葉でした」と笑顔を見せた。

イベントでは、西田が四重奏に合わせて、ベートーヴェン「運命」の指揮を披露し、miwaは、「西田さんの指揮を見ると背筋がピンとなります。フルートを構えたくなる」とにっこり。また、ゲスト登場したピアニストの辻井伸行がエンディングテーマを演奏し、「撮影を見て、こんなにみなさんが弾けるとは思ってなかったのでビックリしました。熱心に1つのものを作ろうとしていて感動しました」とキャスト陣の奮闘を称賛。そのピアノ演奏に瞳を潤ませていた松坂は、「優しくそっと背中をなでてくれるような演奏でした。同い年の方が、こんなに素晴らしいものを生み出しているんだと思うと元気をもらえます」と感謝の言葉を口にしていた。

そんな松坂は、映画『万能鑑定士Q―モナリザの瞳―』で共演した女優・綾瀬はるかと、一部で熱愛報道があったばかり。両事務所とも報道を否定しているが、報道陣から交際質問が飛ぶと、去り際に立ち止まって、「友だちです」と笑顔で否定。一方の綾瀬も、15日に都内で行われたイベントで、「友だちです」と否定している。