たっぷり酵素でデトックス。冬のローフードの取り入れ方

写真拡大

カラダにたまった毒素を排出したい。そのために、まず1週間頑張ってみませんか?と提案してくれるのは、パリでもっとも予約のとれないセラピストと呼ばれるチコ・シゲタさん。
1週間でデトックス
彼女は『Chico式1週間デトックス』のなかで、デトックスの4つのポイントを示してくれました。

1・植物の力
2・排毒マッサージ
3・意識した呼吸
4・ローフード

このなかで、私にとって一番なじみのないものがローフードでした。オーガニック食品や、マクロビオテックについては、料理に取り入れやすく、レストランでも取り扱いが増えています。でもローフードとなると、
「ローフードって野菜に火を通さないって言うけど、それじゃサラダしかないんじゃない?」と小首をかしげてしまいます。
温かいローフードがあった!
ローフードのメリットは、レシピがいたってシンプルなこと。しかも1日1回だけでいい、それをたった1週間試すだけ......とはいえ、この寒い冬場にサラダだけの食事をとるのは、仕事のある日は正直、つらい!
ところが、あったのです。温かいローフードが。
たとえば、こちらのレシピ「温かいガスパッチョ」はいかがでしょうか。
温かいガスパッチョのレシピ

<材料>
ミニトマト:5個
アボカド:1/2個
パプリカ(赤):1/4個
玉ねぎ(みじん切り):大さじ1
にんにく:1/4かけ
野菜キューブ:1/2個(なければチキンキューブでも可)
一味唐辛子:1つまみ
パプリカパウダー:適宜(あれば)
ナツメグ:適宜(あれば)
セルフィーユ(飾り用):1枚
湯:200ml
<つくり方>
・下ごしらえ
ミニトマトはへたを取って半分にカット。アボカドは皮と種を取り、パプリカはへたと種を取り、それぞれざく切りに。にんにくはみじん切りにする。
1・セルフィーユを除くすべての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまで回す。
2・1を皿に注いだら、セルフィーユの葉を中心に飾る。
(『Chico式1週間デトックス』P107より引用)

お湯を加えることで、スープに温かさがプラスされるよう。この他にも、卵や魚、鶏の肉といっしょに摂ってもいいそうですし、マスタードや味噌、ハーブやオイルなどの味付けを変えると、多彩な味の食事を楽しむことができるようです。
ちなみにローフードがなぜいいのかと言えば、48度以上の熱を加えない野菜には、たくさんの生きた酵素が含まれていて、それを毎日いただくことで腸内の代謝が元気に機能しはじめる、ということ。
調味料を楽しみながら簡単に作れるレシピなら、1週間といわず続けられそうな気がしてきます。
[Chico式1週間デトックス]
gazpacho via Shutterstock