舞台挨拶に立った能年玲奈と篠原ともえ

写真拡大

女優の能年玲奈が1月18日、都内の劇場で行われた主演映画「海月姫」の公開記念トークイベントに、共演の篠原ともえと出席。能年は、この日の朝に手作りしてきたという「海月姫」ならぬ”クラゲヒゲ”を篠原とともに装着し、「ユニークなツケヒゲが好き」とご満悦の様子だった。

この日は能年自ら考案したというファン参加型イベント“海月姫祭り”で、事前にTwitterで寄せられた観客からのさまざまな質問に能年が回答。「自分を色に例えると何色?」という質問には、「虹色。今日は自分を色にたとえてきました!」とカラフルな水玉のドレスでくるり。篠原は、「能年ちゃんは透明って感じ。何色にも変化できる、誰も持っていない透明の色」と評した。また、「飼ってみたい生き物は?」と聞かれた能年は、「クラゲは難しいらしいので、エビを飼いたい!」と明かし、会場の笑いを誘っていた。

枯れ専オタクの”ジジ様”役で共演した篠原は、「身近で能年ちゃんの女優スイッチを見られて幸せだった。これから映画女優としてレッドカーペットを歩く際には、ぜひ篠原に衣装デザインを担当させて! これからも応援してます」と声援を送った。

東村アキコの人気コミックを実写映画化した「海月姫」。幼いころからクラゲにあこがれて生きてきたオタク女子・月海(能年)が、男を必要としない人生を歩むオタク女子集団「尼〜ず」とともに繰り広げるドタバタを描いたコメディ。全国で公開中。

■関連記事
【インタビュー】能年玲奈×篠原ともえ、オタク役ではじけた2人の意外な共通点
「海月姫」封切り!主演・能年玲奈は「今日を迎えられて興奮しています」
映画「海月姫」に原作者東村アキコがカメオ出演 VIP役でドン小西と共演
“オタク女子”能年玲奈、クラゲに命名!「苗字が水玉、名前がポンちゃんです」
太田莉菜が三国志オタクに豹変! 「海月姫」劇中カット公開