ムン・チェウォン「イ・スンギとのキスシーンで彼女を思い出したのかって?」

写真拡大

女優ムン・チェウォンがイ・スンギとのキスシーンについて「俳優やスタッフの皆さんがリラックスできるようにすごく努力してくれて感謝している」と話した。

ラブコメディ映画「今日の恋愛」(監督:パク・ジンピョ、制作:ポップコーンフィルム)で付き合うか付き合わないか曖昧な余地だけを与え、決定的な瞬間には身を引くキム・ヒョヌを演じたムン・チェウォン。彼女はソウル鍾路(チョンノ)区八判洞(パルパンドン)で行われたTVレポートとのインタビューで「恐らく私より、イ・スンギさんの方が気を遣っただろう」とキスシーンについて言及した。

ムン・チェウォンは「もし私に付き合っている人がいる状況でキスシーンがあったら、すごく気になったと思う。イ・スンギさんも同じだと思う。それでも彼がすごく配慮してくれて、楽に撮影できた」と説明した。

そして「4日で撮影したキスシーンだけど、スタッフも自然で楽しい雰囲気を作ってくれた。ぎこちないところはあっても、難しいシーンではなかった」と明かした。

「今日の恋愛」は恋愛が難しくなった昨今の男女を描いたラブコメディ映画だ。イ・スンギ、ムン・チェウォン、チョン・ジュンヨン、イ・ソジンなどが出演し、「君は僕の運命」「あいつの声」などを演出したパク・ジンピョ監督がメガホンを取った。韓国で14日から公開されている。