「N」シリーズや「S」シリーズ(S2000,S660)、バモスなど、過去に使われた車名を復活させることが大好きな(?)ホンダ

 am_no1411001H

「BEAT」「INTEGRA」に代表される、二輪=四輪間での“リサイクル”もおなじみです。それだけヘリテージを大事にするメーカーでもある証拠。そんなホンダが、またやってくれました。

 

復活したネーミングとは、スクーターで一世を風靡した「タクト」です。

2150116-tact_001H

前モデルが途絶えてから16年ぶりということですが、市場で人気を博していたのは、やはり初代タクトですよね。 

2150116-tact_035H 2150116-tact_036H

いまから35年前の1980年9月発売。当時の価格は10万8000円。当時はホンダ vs ヤマハの「HY戦争」まっただ中。ヤマハJOGとのバトルが懐かしいです。

かたや新型タクト。初代モデルの持つシャープな潔さが継承されているかは皆さんの判断におまかせしますが、ゴージャス感はたしかにプラスされているようです。

価格はベーシックモデルで税抜き14万8000円。庶民の足として、お求めやすい価格を維持していることがわかります。

新型タクトの販売計画台数は、年間で4万5000台。全盛期だった二代目タクトの計画台数が月間3万台(年間で36万台)ですから隔世の感がありますが、「スクーター市場を再び活性化する」という高い志は、かつてのオーナー世代も応援したくなりますね。

(kaizee)

ホンダから懐かしの車名が復活。16年ぶりに登場したのは…(http://clicccar.com/2015/01/18/289235/)