まがまがしさ全開のニコラス・ホルトをに刮目せよ!(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

写真拡大

ジョージ・ミラー監督による人気シリーズの約30年ぶりとなる新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の劇中カットが、このほど公開された。“第3の男”として登場する英俳優ニコラス・ホルトが、白塗りのスキンヘッド姿を披露。「アバウト・ア・ボーイ」(2002)で見せたあどけない表情から一変した、ホルトのただならぬ形相をとらえている。

「マッドマックス」(1979)、「マッドマックス2」(81)、「マッドマックス サンダードーム」(85)と3作品が製作され、当時無名だった主演のメル・ギブソンを一躍スターダムに押し上げたアクションシリーズ。トム・ハーディがギブソンから主役を受け継ぎ、荒廃した近未来世界でマッドなカーバトルを繰り広げる。

劇中カットでは、鎖につながれた半裸のホルトが、まがまがしい眼光で銃を掲げる様子と、シャーリーズ・セロン演じるスキンヘッドの女ボスと肩を並べる姿を切り取った。敵か見方かもわからないホルトの狂気に満ちたビジュアルが、過激な世界観を改めて想起させる写真となっている。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、6月公開予定。

■関連記事
【人物情報】ニコラス・ホルト
【作品情報】「マッドマックス 怒りのデス・ロード
「マッドマックス」最新作、トム・ハーディの狂気に染まった場面写真が公開
トム・ハーディ、「もうロマンティック・コメディには出ない」
「マッドマックス」最新作、狂気に満ちた過酷な世界が垣間見える特報映像完成