ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 早くも年明け3週目を迎える中央競馬。これからしばらくは通常の土日開催となりますが、今年もここまでは、2週連続で月曜日開催があったため、トレセンの調整は変則になっていました。ただでさえ仕上げの難しい厳寒期、変則開催のうえ、雪の影響などもありましたから、関係者の苦労は相当なものだと思います。

 そんな中、1月18日には京成杯(中山・芝2000m)が開催されます。先週、京都で行なわれたシンザン記念(1月11日/芝1600m)と同様、今春のクラシックを占う意味でも注目の3歳重賞レースです。

 牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)と同じ舞台。その大一番へ向けての経験も兼ねて、各厩舎の"クラシック候補"が多数出走を予定しています。関西からも有力馬が数多く参戦予定で、ますます注目度が増していますね。

 ただし、このレースで2着以内に好走して皐月賞でも連対した馬は、過去10年で、サンツェッペリン(2007年、京成杯1着、皐月賞2着)とシックスセンス(2005年、京成杯2着、皐月賞2着)の2頭だけ。他、京成杯を制したエイシンフラッシュ、マイネルチャールズ、アドマイヤジャパンが、皐月賞で3着に入線していますが、意外と京成杯の結果は、本番の皐月賞に直結していません。

 おそらく、京成杯は厳冬期の、しかも調整が難しい正月明けの開催とあって、今後の伸びしろを秘めた馬よりも、仕上がりの早い馬や、その時点での完成度の高い馬が結果を出しているのでしょう。そういう意味では、単純に勝ち鞍の多い馬には注意が必要です。3勝を挙げているコスモナインボール(牡3歳)をはじめ、2勝しているベルーフ(牡3歳)やタケルラムセス(牡3歳)、そしてダート路線を歩んできているとはいえ、出走メンバー中最も多い6戦(2勝)のキャリアを積んでいるイーデンホール(牡3歳)などは、軽く扱うことはできません。

 なかでも注目すべきは、非常に完成度が高そうな、コスモナインボールです。メンバー唯一の3勝馬で、その3勝の内容も悪くありませんでした。何より、直線に入って並んでからが強い馬で、激戦になればなるほど、能力を発揮しそうです。前走の朝日杯フューチュリティS(12月21日/阪神・芝1600m)では、結果的に決め手勝負の競馬になって9着に敗れてしまいましたが、その結果だけで見限ることはできません。

 出世レースのエリカ賞(12月27日/阪神・芝2000m)を勝ったベルーフも、そのレースぶりから、素質の高さ、仕上がりの早さがうかがい知れます。しかしこの馬は、いまだ成長途上の段階で、完成されていないと思います。それでいて、3戦2勝2着1回という成績を残し、競馬でも素晴らしいパフォーマンスを見せているのですから、もしここでも結果を出すようなら、先々が本当に楽しみになりますね。

 好メンバーがそろった寒竹賞(1月5日/中山・芝2000m)を快勝したタケルラムセスも、なかなかの器の持ち主です。今回は、中1週での参戦というのがやや気になりますが、寒竹賞では後方からの差し切り勝ちという、味のある競馬を見せてくれました。その非凡な決め手は、重賞級と言えます。今度はどんなレースを見せてくれるのか、興味が尽きません。

 今回が初の芝レースとなるイーデンホールは、普通に考えると厳しいと思いますが、中山・芝2000mというのは、わりとごまかしの利くコースです。瞬発力よりは、操作性のよさとしぶとい脚があれば、十分に勝機があります。ダートとはいえ、この馬が勝ってきたレースには、そういう側面が感じられました。軽視は禁物です。

 さて、今回の「ヒモ穴馬」には、前走のホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)で3着だったブラックバゴ(牡3歳)を取り上げたいと思います。

 前述したとおり、中山・芝2000mというのはごまかしの利くコースですが、逆に言えば、それだけ乗り難しいコースでもあるのです。ゆえに、このコースを経験しているということは、ある程度のアドバンテージになります。まして、その経験が好メンバーのそろった重賞レースだったのですから、なおさらプラス材料と言えます。

 そのホープフルSは、勝ち馬シャイニングレイ(牡3歳)の強さが目立ったレースでした。しかし、このブラックバゴも厳しい競馬をこなして、3着入線を果たしています。

 レースでは、常に内々を追走し、4コーナーでも最内を回ってコースロスは最小限に抑えることができました。そうして脚をためることができたのは、確かに外を回った馬よりも有利だったと思いますが、直線の坂下で前が詰まり気味になって抜け出せず、我慢を強いられてしまったのです。

 中山の短い直線では非常に厳しい状況でした。しかしブラックバゴは、前が開いた瞬間、鋭く伸びて2着馬とは同タイムの3着まで押し上げたのです。

 キャリアの浅い馬にとって、この経験も大きな糧となります。通常レース経験の少ない馬は馬込みを嫌うものですが、内で競馬ができたということは、どんなレースにも柔軟に対応できるわけですからね。乗り手にとっての選択肢も増して、心強い限りです。

 とすれば、紛れ(人気馬や実力馬が何らかの理由でその能力を発揮できなかったりすること)があったり、混戦になったりすれば、その強みは一層生かされることでしょう。今回もそんなレースになりそうな雰囲気があるだけに、ブラックバゴへの期待が膨らみます。